韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  危機の韓国自動車産業、未来の自動車を育成せず「雇用創出」叫ぶ政府

危機の韓国自動車産業、未来の自動車を育成せず「雇用創出」叫ぶ政府

自動車産業は韓国経済で最も重要な産業の一つだ。国内の自動車産業の生産総額(197兆ウォン、約20兆円、2016年)は全体製造業の13.9%を占める。付加価値額(57兆ウォン)で見ても比率(11.2%)が高い。韓国の雇用の約1割(37万人、9.1%)は自動車産業と関連している。

このように国の経済に及ぼす波及効果が大きい自動車産業が揺れている。現代経済研究院新成長研究室のチャン・ウソク研究委員は「国内自動車企業の技術力は量的にも質的にも世界の競合他社に比べて低い方」とし「こうした状況で韓国GMが撤収すれば約9万4000人の雇用が減り、付加価値が8兆4000億ウォン減少するだろう」と予想した。 韓国自動車産業の危機は他国に比べて先制的に未来自動車産業に対応しなかった結果だ。韓国は2006年に「エコカー開発及び普及計画」を出した。その後、韓国は5年ごとに計画を補完し、未来の自動車市場を準備した。しかし内容は12年間ほとんど変わっていない。未来の自動車を「開発」するよりも「普及」に重点が置かれているのも同じだ。

英国政府がエコカー技術を確保するのに焦点を合わせたとすれば、韓国はグローバル環境規制に対応することが優先目標だった。ハイブリッド車・電気自動車など排ガスが少ない車をより多く導入するのが目的であるため、エコカーに補助金を支給する方式を好んだ。根本的な技術を確保するよりも、すぐに顕著な成果を出すことに投資したのだ。


チャン・ヒジュ環境部大気環境課主務官は「今年は電気自動車普及予算として3760億ウォンを申請したが、2560億ウォンの確保にとどまった」とし「目標普及台数を減らすしかない状況」と話した。 韓国政府が本格的に未来自動車戦略を出したのは今年2月だ。関係部処が合同で「未来車産業発展戦略」を発表した。しかしこれも注目すべき内容はない。具体的な計画というよりもビジョンを提示したレベルだ。

遅れて出した未来車戦略も、自動車産業を育成して技術力を確保しようとするのか疑問だ。未来自動車産業自体を育成するよりも、単なる雇用創出の手段として未来自動車を支援するという認識を内包している。政府の未来車産業発展戦略は「未来車時代に革新成長と雇用創出の牽引車になる」と宣言した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)が「雇用状況ボード」まで掲げて雇用創出に取り組む状況を念頭に置いたものとみられる。 産業研究院のチョ・チョル研究委員は「単に補助金に依存した政策は補助金を投資した水準の需要増加にとどまる。この場合、政策目標は達成するのが難しく、政府が責任を負う状況が繰り返されるしかない」と指摘した。
http://japanese.joins.com/

韓国の自動車業界の現実は憂鬱だ。韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖決定はすでに予想可能だった、腐るだけ腐った患部が一部はじけたものにすぎない。さらに大きな問題は韓国の自動車産業の競争力全般の退潮現象だ。2016年世界自動車生産順位5位をインドに渡し6位に押し出されてから昨年にはインドとの格差がさらに広がり、7位のメキシコもあごの下まで迫ってきた。韓国は10位圏内の国で唯一2年連続マイナス成長をした。 いま世界の自動車業界は未来自動車への大転換期を迎えている。だが韓国の業界の準備は不十分だ。

さらに大きな心配事がある。自動車産業の市場と技術、核心競争力の中心が移動している。IT融合・複合技術で作るスマートカーとグリーンカーへの市場転換、内燃機関エンジン車からバッテリーとモーターで駆動される電気化の流れ、各国の燃費規制にともなう車体軽量化に向けた非鉄金属と合成樹脂の車体開発など、世界企業から後れを取っている。産業構造も既存の機械部品製作と組み立てから、IT・ソフトウェア・先端素材中心に急速に変わり、実際主要国の自動車業界はこの方向へと素早く事業再編を推進している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月22日 10:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
上を替えなきゃ
現代自動車
鄭夢九 会長(1938年生、80歳)2008年特赦で復権
ペーター・シュライヤー 最高デザイン責任者 2012年就任

この二人が辞めない限りヒュンダイは変わらない。
この二人がいる事は競合には幸い。
[ 2018/03/22 12:27 ] [ 編集 ]
いまさら
 3,4年前に韓国の自動車産業について書いた記憶があります、自国で何も開発せずに物まねだけの企業など何れ淘汰されるのは目に見えています、ましてや労働組合との馴れ合いで生産性が落ちれば行きつく先はアメリカのデトロイトです、トランプが何を言おうと日本でアメ車が売れないのは日本人が必要とする車を作らないからです(左ハンドル、でかすぎる車体etc)世界の需要を見極めて研究開発に投資をしない企業は潰れて当然です、愚者(韓国)は経験に学び賢者(日本)は歴史に学ぶでしょう、韓国自動車企業はアメリカのデトロイトがどうなったかを歴史から学ぶできでしたが時すでに遅しですがね、GMなど愚者の最たるものです。
 馬鹿に付ける薬は無し、後悔は先に立たずですかね、韓国企業の将来など気にもなりません。
[ 2018/03/22 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp