韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  国連、サムスン電子に「内部告発したベトナム労働者いじめるな」

国連、サムスン電子に「内部告発したベトナム労働者いじめるな」

国連(UN)がサムスン電子がベトナム現地工場の劣悪な労働環境を外部に知らせた内部告発者たらを脅していることに対し、憂慮を表明した。22日、国連人権高等弁務官事務所のホームページによると、国連人権専門家たちは、サムスン電子のベトナム現地スマートフォン製造工場2カ所で、女性労働者と労働運動家らが劣悪な労働条件を外部に知らせた後、ベトナム政府と会社側から「脅しや嫌がらせ」を受けていることに対し、懸念を示した。

昨年、スウェーデンの非政府機構iPenなどは、ベトナムのハノイ北部のサムスン電子の工場2カ所で、労働者たちが健康に有害な作業環境で働くという内容を調査し、国連に報告した。同報告書によると、女性労働者45人のインタビューに基づいた同報告書は、従業員らが騒音がひどい作業場で、12時間も立って作業しなければならず、トイレの使用や休憩時間も制限されているという。一部の女性たちは疲労とめまいを含め、劣悪な勤務環境が原因で流産など健康上の問題を経験したと明らかにした。

同報告書はまた、労働者たちが毒性化学物質にさらされる可能性に対する憂慮を提起したが、決定的な証拠は見つからなかった。 国連の人権専門家らは「サムスン電子が報告書の作成に参加した女性労働者たちを対象に訴訟などを提起しようとすることについて、釈明を要求した」と明らかにした。また、ベトナム政府が報告書を作成した労働運動家を調査することに対しても憂慮を表明した。


英経済誌の「フィナンシャル・タイムズ」は「国連の非難はサムスンを当惑させるような問題であり、低価製造の中心地として、外国人投資家らが集まっているベトナムにとっても敏感な問題」だと報じた。サムスン電子ベトナム事業部は資本金150億ドルで約10万人を雇用しており、主力事業であるギャラクシーシリーズなど、サムスン電子のスマートフォンの約半分を製造している。 サムスン電子側は「我々は国連人権専門家たちの憂慮を真剣に受け止めている」とし、「すでに調査のための処置を取っており、問題を明確にするため、緊密に協力する」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

「聞き取りした全労働者が職場でめまいなどを経験しており、流産が異常なほど多い」。サムスン電子がスマートフォンを量産するベトナムの2工場の労働環境をまとめた報告書で、ラインに立つ女性労働者の過酷な労働実態をNGOが批判している。報告書は、ベトナムのNGO「開発におけるジェンダー・家族・環境研究所」(CGFED、ハノイ)とNGOの国際ネットワーク「公衆の健康と環境に関する世界ネットワーク」(IPEN)が昨年11月6日に公表した。

調査では、ベトナム北部バクニン省とタイグエン省にあるサムスン電子のスマートフォン工場で働く女性45人に聞き取りを行った。その結果、45人全員が過労を認識しており、職場で気が遠くなったりめまいを経験していることがあると訴えた。彼女たちは8~12時間のシフト労働では立ちっぱなしで、週末も昼夜のシフト勤務があることが分かった。さらに流産が異常なほど多く、妊婦は休暇を取ると給与が控除されるため休まず働いている。視力の低下や鼻血、骨や関節、足の痛みを抱える女性もいた。

職場では休憩も制限されており、トイレの利用も許可がいる。また化学物質が使われる工程と同じ工場内にラインがあるため、労働者が化学物質にさらされるリスクについてはさらなる調査が必要な状況だ。CGFEDは、「全員がめまいや気が遠くなることがあるというのは異常事態。非人道的な残業やノルマも課せられている」と批判している。彼女たちの月給は280ドル程度で、自分たちが組み立てているギャラクシーS8の価格の半分に満たない。しかし工場内の情報は業務上の秘密とする社内規定により労働者は職場環境について口を閉ざしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月24日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp