韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  河野外相、米国に対し朝米会談に条件を付けようとしたが…

河野外相、米国に対し朝米会談に条件を付けようとしたが…

河野太郎外相が米国の高官に対し、朝米首脳会談開催の前提条件として北朝鮮の「中距離ミサイル放棄と日本人拉致問題の解決」が約束されなければならないと要求したと共同通信が伝えた。 共同通信は匿名を求めた外交消息筋の話を引用して、15日から18日まで米国を訪問した河野外相が、米国側にこのような日本側の要求を伝えたと25日報道した。

河野外相は米国のマイク・ポムペイオ国務長官内定者のジェームズ・マティス国防長官、ジョン・サリバン国務部副長官に会い、5ページ分量の資料を伝達したが、この資料には朝米首脳会談前に朝鮮半島の完全で検証可能で復元不能な非核化、日本に到達する中距離弾道ミサイルの放棄、国際原子力機構(IAEA)の査察受け入れ、北朝鮮による日本人拉致問題の解決、化学兵器の廃棄を北朝鮮が約束しなければならないという内容が含まれていると通信は伝えた。来月米国を訪問する予定の安倍晋三首相も、ドナルド・トランプ米大統領に同じ要請をするものと見られる。

日本では、朝鮮半島対話ムードが高まって、北朝鮮に対する「最大限の圧力」を強調してきた日本が疎外されるのではないかという憂慮が強い。特に日本は、米国が自国にとって脅威となる北朝鮮の核兵器と大陸間弾道ミサイル(ICBM)廃棄に集中し、日本が射程圏に入る北朝鮮の中・短距離ミサイル問題は放置されかねない心配している。また、安倍政権が最優先課題に挙げてきた日本人拉致被害者問題も朝米首脳会談ではほとんど議論されないかもしれないと憂慮している。


2018-03-26-k001.jpg

しかし、米国側は日本の追加前提条件要求に難色を示したという。通信は、米国側は河野外相の説明に理解は示したが、こうした内容を会談の前提条件とすることには現実性がないという認識が強いと伝えた。ホワイトハウスのサラ・ハッカビー・サンダース報道官は、北朝鮮が非核化、核・ミサイル試験凍結、韓米合同軍事演習に対する理解の三点の約束を守れば、朝米首脳会談は予定通り開かれると明らかにしている。
http://japan.hani.co.kr/

今の米国は自国中心であるから、米国側は条件追加に難色示したというのは当然だろう。日本は日朝首脳会談の道筋を作ることのほうが重要となる。ただし、米朝首脳会談の経過を確認しつつ行動したほうが良い。約束破りの朝鮮人である。もし米朝首脳会談が実現すれば、日朝首脳会談の実現も可能性はあるだろう。 ただ今の状況では米国側は条件追加に難色示しても米国を利用するだけでしかないのも事実。 日本の事は二の次と言うわけだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月26日 08:36 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp