韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  PM2.5、一日おきに「悪い」予報…今日から基準を強化

PM2.5、一日おきに「悪い」予報…今日から基準を強化

PM2.5・PM10の濃度が「悪い」水準を示した26日午前、ソウル中区南山図書館から見たソウルNタワーがぼんやり霞んで見える。 大気の停滞による汚染物質の蓄積でPM2.5・PM10(粒子状物質)の濃度が急上昇し、26日に続き27日にも首都圏でPM2.5・PM10の非常低減措置が施行される。ちょうどPM2.5・PM10の環境基準が米国・日本と同じレベルに強化され、新しい基準に合わせたPM2.5・PM10の低減対策が補完されなければならないという指摘が上がっている。

政府は27日からPM2.5・PM10予報の「悪い」など等級の下限ラインを、51マイクログラム/立方メートルから36マイクログラム/立方メートルへと大幅に下方修正した。これによって「悪い」の区間は50~100マイクログラム/立方メートルから36~75マイクログラム/立方メートルで、「非常に悪い」の区間は101マイクログラム/立方メートル以上から76マイクログラム/立方メートル以上に調整された。

国立環境科学院は新基準により27日、首都圏・江原嶺西(ヨンソ)・大田(テジョン)・世宗(セジョン)・忠清北道・光州(クァンジュ)・全羅北道・慶尚道でPM2.5・PM10が「悪い」状態を示すと予報した。環境科学院はその他の圏域でも午前と夜に「悪い」水準の濃度が表れる可能性があると明らかにした。27日に「悪い」と予報された地域の中には、以前の基準で「普通」と予報されたところもある。シン・ソナ環境科学院環境・気象統合予報室研究員は「変わる前の基準で、『普通』と『悪い』の境界地域にあるところがそのような場所に該当する」と話した。


2018-03-27-k001.jpg

環境部は、新しい基準適用によってPM2.5・PM10が「悪い」を示す日数(2017年測定値基準)が12日から57日に5倍ほど増えるものと予想している。これは、春の季節はほぼ二日に一回の割合でPM2.5・PM10が「悪い」という予報が日常化するということを意味する。

専門家らは政府のPM2.5・PM10環境基準の強化について、ひとまず肯定的な評価をしている。だが、「悪い」予報の日常化による弊害を減らすことの後続対策として、強化された基準を後押ししなければならないと強調した。「悪い」予報が増え、市民がPM2.5・PM10の状況について無神経になる恐れがあるということだ。チャン・ヨンギ水原大学環境工学科教授は「PM2.5・PM10低減対策をもっと細密に準備しなければならない」とし、「特に緊急・非常措置を広域化し、抜け落ちた排出源もさらに入れ、発令基準ももっと綿密に整える必要がある」と指摘した。だが、チャン教授は実質効果がない対策を乱発した場合、政策の信頼度の下落を招く愚を犯すことがあることを警告した。
http://japan.hani.co.kr/

中央日報によると、バスや地下鉄を無料にするための費用は1日当たり60億ウォン(約6億円)。市民からは、これだけまとまった額の公的資金なら、経済的に苦しい人々への支援や環境保護などに使うべきではないかとの声も多く聞こえるという。 各地の地方政府で政策がまとまっていないことも市民の不満を招いている。ある市民は、ソウル市と京畿道は同じエリアにもかかわらず政策が一致しておらず、待遇にも差を感じると述べている。

専門家は、車両の通行量を減らすことは汚染対策の方向としては間違っていないとするが、ソウル市だけでは予期した効果を上げるのは難しいとし、中国から流入するスモッグに対して首都圏全体の自治体が連携し、国レベルで対応すべきだと指摘しているが、大半は自国火力発電の問題だろうと思うが…。 中国より悪い状況では、とても先進国家とは言えないが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月27日 08:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp