韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  政府、中国の登場で情勢分析に変化…「いくつかのシナリオを検討」

政府、中国の登場で情勢分析に変化…「いくつかのシナリオを検討」

中国北京で電撃的に行われた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長と中国の習近平国家主席の朝中首脳会談後、大統領府と政府の動きも慌ただしくなった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日朝、ベトナムとアラブ首長国連邦の歴訪を終えて帰国した直後、チョン・ウィヨン大統領府国家安保室長ら参謀から朝中首脳会談に関する報告を受け、同会談が4月末の南北首脳会談と5月の朝米首脳会談に及ぼす影響などについて協議した。文大統領は、朝中首脳間の対話内容がこれから予定された両首脳会談にも肯定的な影響を及ぼすと評価したという。ただし、大統領府は、中朝首脳会談が突然行われただけに、北朝鮮の意図や中国の戦略などについてより綿密に分析した後、公式の立場を発表するものと見られる。

大統領府高官は同日、記者団に「現在まで状況が私たちの予想を上回る範囲で行われている。これからあらゆる可能性を念頭に置いて見守らなければならないようだ」とし、「朝中首脳会談に関する大統領府の公式立場の発表は、29日の楊潔チ中国外交担当政治局委員の訪韓と協議以降になるだろう」と明らかにした。 大統領府はまた、今回の朝中首脳会談の進行について事前に知っていたと公開し、中国と協力が維持されていることを強調した。大統領府関係者は「文大統領はアラブ首長国連邦の歴訪中、朝中首脳会談の主要内容の報告を受けた」とし、「(金正恩委員長が乗った)列車が(北朝鮮を)出発した時から注視しており、韓中の高官の間に緊密な協議があった」と話した。


政府も同日、ノ・ギュドク外交部報道官名義で金委員長の中国訪問や朝中首脳会談を歓迎するという立場を発表した。ノ報道官は論評で「政府は北朝鮮の金正恩国務委員長が25~28日訪中し、中国指導者らと会談したことを歓迎する」とし、「政府は、南北首脳会談や朝米首脳会談を控えて行われた金委員長の今回の訪中が、朝鮮半島の非核化と平和定着に寄与することを期待している」と明らかにした。

政府は今回の朝中首脳会談により、朝鮮半島問題の主要関係国の中国が疎外される状況が解消されたという点で、肯定的だと判断する雰囲気だ。しかし、中国の登場により、北朝鮮の非核化の方程式がさらに複雑になったとも言える状況で、関連部局は同日、北朝鮮と中国メディアが伝えた両首脳の会談内容とメッセージから精密に分析したという。今後は直接非核化交渉に乗り出さなければならない外交部では特に、金委員長が非核化問題と関連して韓米の「段階的、同歩的(同時的)処置」に言及した部分に注目した。これは2005年の第4回6カ国協議後に出た9・19共同声明で明示した「公約対公約」、「行動対行動」原則に立脚した「段階的方式」の「相互調整された措置」とも脈絡を同じくしており、北朝鮮が非核化に対する「段階的アプローチ」を明らかにしたものだ見られてる。
http://japan.hani.co.kr/

香港の日刊紙・明報は「北朝鮮の金正恩委員長とみられる人物が北京を訪問し、中国の国家指導者とおよそ3時間にわたり会談した」と報じた。4月に南北首脳会談、5月に米朝首脳会談の開催が決まると、中国は韓半島(朝鮮半島)問題で自分たちが蚊帳の外に置かれる状況を懸念し始めた。つい先日、中国共産党の宣伝メディアである環球時報が「中朝の友好関係は韓国、米国、日本の妨害を受けることは絶対にない」という内容の社説を掲載したことも、そのような不安を代弁するものだ。

朝鮮日報は、北朝鮮が制裁で苦しみ始めたことが、挑発を中断し対話に応じるきっかけになったとの見方が正しければ、その過程で中国が大きな役割を果たしたことは間違いない。その一方で中国が北朝鮮への圧力に加わったことで「結局は北朝鮮の信頼を失い、北朝鮮を米国や韓国に向かわせた」と考えたとしても無理はないと伝えている。 中国はそう判断したからこそ、金正恩氏が文在寅大統領やトランプ大統領と会う前に、北京で中朝のトップクラス同士による接触を先に行いたいと考えたのではないかと伝えている。

中国だけが蚊帳の外という事以外に、中国にとっては人件費の安い北朝鮮民は重要である事。北朝鮮にとっても外貨獲得の重要国であり同盟国であるから、北朝鮮は中国の同盟国と言う位置付けを示したかった部分もあるだろう。いずれにしても米朝首脳会談では、米国に寄り添うという事は無いだろう。朝鮮半島二国制度が見え隠れしているように感じるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月29日 08:15 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp