韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  文大統領、UAE石油・ガス事業で250億ドルの受注を約束取り付け

文大統領、UAE石油・ガス事業で250億ドルの受注を約束取り付け

アラブ首長国連邦(UAE)を公式訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子から「今後韓国企業が石油、ガス、精油分野で250億ドル(2兆6400億円)規模の契約受注が可能だろう」という約束を受けたと、大統領府が明らかにした。

キム・ウィギョム大統領府報道官は26日(現地時間)、記者団に「両国首脳会談(25日)直後、カルドゥン・アルムバラク・アブダビ行政庁長とスルタン・アル・ジャベル国務長官兼アブダビ国営石油会社(ADNOC)社長が文大統領と会い、『ムハンマド皇太子から個別指示を受けてきた』として韓国との関係が特別戦略的同伴者関係に格上げされたことにより、石油、ガス、精油分野で韓国企業が追加で250億ドル分契約を受注できるだろうと先に金額を提示した」と伝えた。現在、韓国がこの分野でアラブ首長国連邦と結んだ契約規模は210億ドルほどだが、文大統領の訪問を機に契約の規模が倍以上(460億ドル)へと拡大したわけだ。

アラブ首長国連邦側は5月、アブダビ国営石油会社が開く精油・石油・化学カンファレンスに韓国企業を招いて契約を結ぶという意志を表明し、少数の企業だけを招待するアブダビ油田探査・開発プロジェクトに韓国企業らを招待することにした。また、アブダビ政府が100%出資した未来エネルギー公社であるマスダル社が、中東・アフリカ・太平洋地域を対象にした海外進出事業に韓国企業らと共同で投資戦略を樹立するという意思を明らかにした。


韓国側は、ムハンマド皇太子の要請によって農業分野の協力を強化していくことにした。大統領府関係者は「首脳会談が終わるとすぐ、閣僚たちが皇太子の指示だと言って具体的な金額を言及し、この過程を公開してもよいと言ったが、これは非常に異例なこと」だとし、「それだけ韓国との特別な協力関係を続けていく自信を示したようだ」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

UAEは7つの首長国[アブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジュマン、ウム・アル・クワィン、フジャイラ、ラス・アル・ハイマ(1972年連邦に加盟)]により、1971年に結成された。UAEと日本とは、経済面を中心にきわめて重要な関係を保っている。UAEにとって日本は輸出入ともに重要な貿易相手国であると同時に、日本にとってもUAEは最大の原油供給国の一つとなっている。 一方の韓国は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビのムハンマド皇太子と会談し、原子力発電関連産業の育成を進めるUAEを支援することで合意した。UAEが目指す第三国への原発輸出で協力する。韓国はUAE初の原発建設を受注しており、同国との関係を深めて中東の原発事業への関与拡大を狙う。

ただUAEに対して韓国軍からの原発警備のための派兵や訓練教団派遣を縮小するための動きがあり、UAEは「原発を韓国に作らせる協約を結んだ際の約束」ということで、もめている。そんな中で、「今後韓国企業が石油、ガス、精油分野で250億ドル(2兆6400億円)規模の契約受注が可能だろう」という約束を受けたと言う歯切れの悪い記事となった?…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月29日 08:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp