韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  外国人観光客を狙ったソウルのぼったくりタクシー、初めて空港出入り禁止に

外国人観光客を狙ったソウルのぼったくりタクシー、初めて空港出入り禁止に

2018年3月28日、韓国・KBSによると、外国人観光客に不当な料金を請求したソウルタクシーが初めて仁川国際空港を出入り禁止になった。 韓国ソウル市は同日、仁川国際空港で違法営業をして行政処分を受けたソウルタクシーの運転手の名簿を空港公社に初めて通知したことを明らかにした。同市が空港公社に通知したタクシー運転手は9人で、そのうち全員が仁川空港から乗車した外国人から不当な料金を受け取り、行政処分を受けていたという。空港公社は当該タクシーの仁川空港への出入りを60日間禁止する予定。1回目の違反は60日、2回目は120日、3回目は無期限で仁川空港への出入りが制限される。

同市は「外国語が可能な取締員とともに空港やホテルなど主要スポットの見回りを一年中実施する」とし、「タクシーの利用により被害を被った場合は通報してほしい」と呼び掛けている。 これについて、韓国のネットユーザーからは「いい動き」「素晴らしい。法を守らない人が処罰されるのは当然」との声もあるものの、「免許停止処分にすべき」「詐欺罪で訴えないと!出入り禁止なんてタクシー運転手にとって痛くもかゆくもないのでは?」「出入り禁止では不十分。罰金も科すべき」「60日後にまたぼったくり営業を開始すればいいだけ」などより重い処罰を求める声が多く見られた。

また、「外国でぼったくりに遭った時、『後進的な国だ』と思ったけど、韓国も同じだったなんて」「恥ずかしい。韓国人の印象が悪くなってしまう」「一度でもぼったくりを経験したら、その国自体を嫌いになる」などと現状を懸念する声や、「ぼったくりをする飲食店も厳しく取り締まってほしい」と訴える声も上がっている。


一方で「ぼったくりも韓国文化の一つとして楽しんで」「生活に困ってのことだろう。タクシー運転手の給与の改善も検討してほしい」と主張する声も見られた。
http://www.recordchina.co.jp/

ソウル市内の観光ホテル周辺では毎晩、いわゆる「ぼったくりタクシー」を摘発する取り締まり要員が張り込んでいるという。外国人の乗客に対して法外な料金を請求したり、メーターを動かさずに走ったりする悪質な行為が後を絶たないため、ソウル市は、こうしたタクシーを取り締まるための専門チームを発足させた。道路交通法に精通し、外国語の能力試験にも合格した取り締まり要員13人が活動中だ。外国人女性が被害に遭うケースが多いことから、結婚して韓国に移住した中国人・日本人の女性6人も要員に選ばれた。退職したシルバー世代7人も活動している。

取り締まりチームは毎晩午後8時から翌日午前2時まで、2人1組で外国人の多いホテル周辺を巡回する。外国人がタクシーから降りると、下車したところをスマートフォンで撮影し、タクシーのナンバーをメモする。乗客には乗車地と料金を確認し、距離に比べて料金が高すぎる場合、タクシーを摘発するという。 とはいえ経済低迷とともに、後を絶たないぼったくりタクシーには困りごとで、今ではタクシーのみならず宿泊施設まで広がっている。韓国の大きな特徴と言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月29日 10:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp