韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ナッツ事件の元副社長、系列企業社長に 韓国世論は反発

ナッツ事件の元副社長、系列企業社長に 韓国世論は反発

2014年末にナッツの出し方に激怒し、米ニューヨークの空港で搭乗機を引き返させたとして罪に問われた大韓航空の趙顕娥(チョヒョナ)元副社長が、KALホテルネットワークの社長に就任することが29日の同社株主総会で決まった。 韓国世論は「事件を反省していない」と反発している。

同社は、大韓航空などを傘下に収める財閥「韓進グループ」の系列。済州島などで四つのホテルを経営する。大韓航空の広報は「趙新社長はグループが関係する国内外ホテルの豊富な経営経験がある」と説明した。趙氏は平昌冬季五輪での聖火リレー走者としても登場した。 

趙氏は韓進グループの会長の長女で、事件について「財閥令嬢の横暴」と批判を浴びた。韓国大統領府ホームページの国民請願掲示板には「韓国は相変わらず、金持ちだけが暮らせる国」「反省どころか、またパワハラを起こす」など非難の書き込みが相次いだ。

事件当時、大韓航空機内で罵声を浴びせられた元事務長は29日、事件後に社内で冷遇されたことなどで「核爆弾のようなストレスでできた頭の腫瘍(しゅよう)の手術を受ける」とし、趙氏を非難する言葉をSNSに投稿した。
http://news.livedoor.com/


韓国韓進グループは、中核企業の大韓航空の前副社長で、オーナーの娘の趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏がグループ会社の取締役に就任したと29日発表している。趙氏は2014年12月、乗務員のナッツの出し方に激高して滑走路に向かう飛行機を引き返させる事件を起こし、「ナッツ姫」などと呼ばれた。事件後はすべてのグループ会社の役員を退任していた。高級ホテルを運営する韓国カルホテルネットワークが29日、株主総会を開き、趙氏の取締役就任を承認した。同氏は17年12月に最高裁で執行猶予刑が確定。韓進グループは「法的に問題は無い。趙氏の豊かな経験をいかす」と説明した。

今回の人事はグループ中枢に将来復帰する布石の可能性がある。事件直後、グループのオーナーは趙氏の退任を明言。一方で将来については含みを残し、当時から復帰観測が取り沙汰されていた。何とも財閥お嬢様は復帰してもエリートだ。韓進グループは「法的に問題は無い。趙氏の豊かな経験をいかす」と説明したというが、世間は納得はしないだろう。趙顕娥氏は「ナッツ・リターン事件」直後に大韓航空副社長をはじめ、同グループ内のすべての役職を退いたが、持株会社である韓進KALの株主(2.31%)の地位は保持していた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月31日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp