韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iOS11.3でバッテリーの劣化状況が確認可能に 「性能低下問題」への対策も

iOS11.3でバッテリーの劣化状況が確認可能に 「性能低下問題」への対策も

Appleが3月30日にリリースした「iOS 11.3」で、端末のバッテリー劣化状況が確認できるようになりました。Appleと言えば昨年(2017年)12月、バッテリーの劣化状況に応じて端末のパフォーマンスを意図的に下げていたことが発覚し問題になっていましたが、この機能をオフにすることも可能となっています。

バッテリーの劣化状況はアップデート後、「設定→バッテリー→バッテリーの状態(ベータ)」から確認することが可能(iPhone 6以降のiPhoneシリーズのみ)。初期状態に比べてどれくらい劣化しているかがパーセントで表示されるほか、「ピークパフォーマンス性能」の項目では、バッテリー劣化によるパフォーマンス抑制機能を手動で無効にすることができます。

「現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されている場合は100%のパフォーマンスを発揮できていますが、「パフォーマンス管理が適用されました」と表示されている場合は、バッテリー劣化によりパフォーマンスが抑制されている状態のようです。Appleは現在、希望者に対し無料あるいは安価でのバッテリー交換を行っており(2018年末まで)、劣化が気になる人はこちらも検討してみるとよさそうです。
http://nlab.itmedia.co.jp/


11.3にアップデートして、3Dゲームを実施する人は、高性能なiPadPro(9.8インチを除く)で、60フレームレート設定が出来る様になり、Gear Club などではスムーズな別次元を感じるのではないだろうか…。私は感動しましたね~。さて話を元に戻すと私はiPhone6プラスですが、82%と表示されていました。寿命も近いので、バッテリーを注文しましたが、自己責任ですが、大容量バッテリー互換品もあり安く利用できます。

アップルはバッテリー劣化時に性能低下させバッテリー劣化によるシャットダウン対応を実施したとの事ですが、新品バッテリーでも予期しないシャットダウンが起きれば、性能低下プログラムに切り替わりますので、予期せぬシャットダウンが起きた人は注意が必要です。80%を切るとこのプログラムが稼働します。オフ設定も可能ですが、メモリー1GのiPhone6プラスが、今のOSとアプリケーションに対応出来るのかは疑問な部分もあります。調べるとほとんどメモリーの空き容量はありません。 実はこの時点でメモリーが無くなれば再起動やシャットダウンが起きる可能性があったわけです。 したがって メモリ消費の大きいアプリをたくさん入れると危険です。 一方で同じ性能を維持したいのであれば、バッテリー劣化したらバッテリー交換が無難なようです。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月01日 08:50 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp