韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンが米保有特許1位に 25年連続トップのIBM抜く

サムスンが米保有特許1位に 25年連続トップのIBM抜く

韓国のサムスン電子が米国の保有特許数で、昨年まで25年連続1位だった米IBMを抜きトップに立った。世界的な特許専門メディア、IAMなどの調査によると、今年1月1日時点でサムスン電子が米国で保有する有効特許は7万5596件で、2位のIBM(4万6443件)を大きく上回った。

IAMはIBMが多くの特許を放棄する一方で、サムスンは特許を維持する傾向が強く、多くの分野で活発に特許に関する活動を行っていると説明。その上で「IBMの(特許)資産は古く、遅れを取らないためには革新や特許資産の取得が必要だ」と指摘した。日本のキヤノンが3万8996件で3位。韓国のLG電子は2万8235件で、6位パナソニック(2万8255件)に次ぐ7位だった。

 昨年新たに公開された特許の比率では、日本のブラザー工業が59.8%で最も高く、LGディスプレーが51.7%で3位に入った。新しい特許が多いほどイノベーションに力を入れている企業とみなされる。
http://news.livedoor.com/


昨年8月にサムスン電子は今年も米国で2番目に多くの特許を登録し、2006年以来で12年めの2位の座を維持した。 米国のオンラインメディア「Quartz(クォーツ)」は昨年8月3日(現地時間)、米国特許庁の資料を引用し、今年の米国特許ランキングでサムスン電子が特許4143件を登録してIBM(5797件)に続いて2位を占めたと報じた。インテル(2064件)とGoogle(1775件)、そしてマイクロソフト(1673件)が3~5位を記録し、Appleは1559件を登録して6位に上がった。クォーツは今年の1月1日から8月1日までに登録された特許を基準とした。

サムスン電子は累積順位でも2位を占めた。サムスン電子は主要企業間の特許競争が本格化した2010年から現在までに特許4万4301件を米国で登録し、IBM(5万3926件)に次いで2位に上がった。 同じ期間における特許登録3位の企業はマイクロソフト(2万2304件)が占め、インテル(1万5187件)とGoogle(1万4900件)が続いた。アップルは1万3183件を登録して、サムスン電子の3分の1にとどまった。

サムスンが米保有特許1位というが、特に日本では、近年海外特許における特許の質を重点に考えている。より付加価値の高い案件を求めて、特許の数よりも質を重視している。サムスンは何でも特許にすればよいという考えはもはや通じない。質より数の時代は終わった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月01日 15:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp