韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国に今「日流ブーム」が巻き起こっている理由

韓国に今「日流ブーム」が巻き起こっている理由

2018年4月2日、韓国・中央日報は「韓国で最近“日流”ブームが巻き起こっている」とし、その特徴について「大衆性・多様性がある」と分析した。日本文化を楽しむ人が増え、その対象も以前より多様化し、大衆的になってきているという。 記事によると、ソウル延南洞の繁華街では日本食を提供する店が急増している。ある通りは約20の建物のうち半分以上が日本関連の店だという。日本から靴や衣料を直輸入して販売するショップ「ギョサンパール」の代表は「40〜50代の客が多い」とし、「最近は日本と外交的に問題があるが、生活用品や雑貨の購入においては日本製に嫌悪感を示す人はいない」と述べているそうだ。

さらに記事は「かつての『日本食は高い』というイメージもなくなってきている」とし、「若者が多く集まるソウル都心には日本伝統の寿司だけでなく、居酒屋、日本の家庭料理屋、うどんやカレーの専門店など多様な日本料理店が競うように並んでいる」と説明。ソウル江南駅周辺の20代が多く集まる場所では1人前1000円ほどのカジュアルな日本料理店が人気を集めており、日本の家庭料理を提供する店「トッキジョン(うさぎ亭)」は午後5時になると長い行列ができるとのこと。江南駅周辺で不動産仲介事務所を営むAさんは「江南駅周辺の飲食店は高い賃料を払えずわずか数カ月で廃業するケースも多いが、日本料理店だけは繁盛している」と話したという。


また記事は「ロッテカードの取引データや関税庁の貿易統計データを見ても“日本消費ブーム”が確認できる」と伝えている。ロッテカードの日本式に分類される店はここ5年で40%増加。日本のビールと日本酒の輸入量も2008年から昨年はそれぞれ約10倍、2.6倍に増加したとのこと。ネット上にも日本関連のブログや掲示板があふれ、そのテーマも留学、旅行、文化紹介、日本製品の購入代行、音楽、ファンション、プロ野球、登山、食器など多種多様に渡っているそうで、韓国最大のポータルサイト「ネイバー」のブログチーム長は「ここ5年間、日本関連のコンテンツは毎年30万件以上ずつ増えている」と話したという。

日韓の政治・外交関係が冷え込んでいるにもかかわらず韓国社会に「日流ブーム」が巻き起こっている理由について、記事は「円安の影響で日本に接する機会が増えた」と分析。また「日本社会に韓流が本格的に進出したことで、日本文化に対する好奇心も強まった」とも伝えている。文化評論家のハ・チェグンさんは「日本文化には底力があり、いまだに韓国が追いかけ続けている状態であるため、日本文化の消費は今後も増える可能性が高い」とし、「最近の若者たちは個性やささいな日常を重視し始め、感性への関心が高まっているため、そういうものを満たしてくれる日本のコンテンツが新たに注目されている」と説明したという。
http://www.recordchina.co.jp/

韓国のネットユーザーからは「隠しているけど、韓国人は世界で一番日本を愛している」「日本に関心を持つ人は本当に多い」「日本の文化は静かでシンプルでナチュラル。食べ物は衛生的。映画も最高だ」「文化、経済、市民の成熟度など全ての面で日本の方が優れている」「日本の永住権を取得することが今の夢」「過去は気にしない。日本製品が好き!」などの声が上がり、「日流ブーム」が起きていることをうかがわせる。 今の韓国では、日本の天国に感じるのではないか…。 だが韓国人は日本に来てほしくないが…。不法滞在や犯罪が増える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月03日 10:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp