韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  検察、サムスンの「ダース訴訟費」調査中に「労組破壊文書」6千件発見

検察、サムスンの「ダース訴訟費」調査中に「労組破壊文書」6千件発見

検察が「ダース訴訟費代納」捜査のためにサムスングループを押収捜索する過程で、サムスンの「労組瓦解」戦略が含まれた数千件の文書を確保し、サムスンの労組破壊工作について本格的な捜査に乗り出したことが2日、確認された。 文書の中には2013年に公開された「Sグループ労使戦略」文書の内容だけでなく、最近まで労組瓦解のために作成した文書などが含まれているものと伝えられた。

ハンギョレの取材の結果、ソウル中央地検公共刑事捜査部(部長キム・ソンフン)はサムスン電子押収捜索の際にサムスン電子サービス支会など労組を瓦解させる内容等が含まれた外付けハードディスクを確保し、デジタルフォレンシック作業を行なっている。 先月27日から始まった分析作業は資料の量があまりにも多いため、今週まで続けられている。 確保した文書だけで6000件あまりに達し、分析は一週間以上かかると予想される。

これに先立って検察は2月に、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の実所有の疑惑が提起されたダースの訴訟費をサムスン電子が代納したという端緒をつかみ、水原市(スウォンシ)霊通区(ヨントング)のサムスン電子本社と、瑞草洞(ソチョドン)のサムスングループ社屋などを3回押収捜索した。検察はこの過程でサムスン電子の人事チーム職員が保管していた外付けハードディスクからダース関連資料だけでなく労組瓦解工作などが含まれた文書を確保したという。公共刑事捜査部は不当労働行為介入の疑いと関連して、裁判所の再度の押収捜索令状発行を受けた上で該当資料を分析しているものと伝えられている。


サムスングループの労組破壊工作疑惑はこれまで粘り強く提起されてきたが、サムスンはその間、関連事実を否定してきた。 サムスンは2013年シム・サンジョン正義党議員が労組破壊シナリオの含まれた「Sグループ労使戦略」なる文書を公開した直後には「内部検討用」と言ったが、一週間後「サムスンで作った文書ではない」と全面否定に転じた。 ソウル地方雇用労働庁は2016年サムスングループの労使戦略文書について不起訴意見で検察に送致し、この事件は検察に未済の状態で残っていた。 しかし、今回の押収捜索で労組瓦解関連文書が大量に確保され、サムスンの主張は説得力を失うことになり、検察は事実上再捜査に出るようになった。
http://japan.hani.co.kr/

サムスンが李明博元大統領が実所有主であるとの疑惑を受けている「ダース」の米国での訴訟費用40億ウォン(約4億円)を代納していたことが確認されている。サムスンは李明博元大統領側の要請により2009~2011年までダースの米国での訴訟を代理した「Akin Gump」に40億ウォン余りを代納していたことが明らかになった。サムスンは数回にわけてAkin Gumpにドルを直接送金し、この資金がダースの訴訟費用として使われるという事実を把握していたという。検察に召喚されたイ・ハクス元サムスングループ副会長らは、李元大統領側の要請により訴訟費用を代納することになったという趣旨の陳述をしている。

検察は、サムスンのダース訴訟費用代納関連捜査過程で、サムスンがAkin Gumpに訴訟費用を支給した内訳だけでなく、李元大統領の最側近であるキム・ペクチュン(拘束起訴)元総務企画官からもサムスンの訴訟費用代納過程を裏付ける趣旨の陳述を確保したと伝えている。検察は2009~2011年にサムスンが米国法人の口座を通じてダースの訴訟を代理した米国の大型ローファームである「Akin Gump」に40億ウォンを渡し、李元大統領がその見返りに同年末サムスンのイ・ゴンヒ会長に対するワンポイント赦免をしたと疑っている。検察はサムスン電子社屋などを押収捜索し、Akin Gumpとの取引資料などを確保している。それを調査し、「労組破壊文書」6千件発見したのだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月03日 16:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp