韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国GM社長「6日の成果給支払いは不可能」

韓国GM社長「6日の成果給支払いは不可能」

韓国GMのカハー・カゼム社長が5日、職員に2017年の賃金交渉で合意した成果給の支払いは不可能だと明らかにした。

韓国GMは6日に予定されていた職員1人あたり成果給450万ウォン(約45万円)の支払いができなくなったと5日、伝えた。

カゼム社長は「資金難のため会社は2017年の賃金交渉の2次成果給を予定された6日に支払えなくなった」とこの日、職員に送ったメールで明らかにした。

続いて「現在状況が厳しいが、追加の資金輸血がない現状況で支払う資金がないのが実情」とし「4月の給与についても支払いのための資金を確保するために力を注いでいる」と説明した。

カゼム社長は「現在深刻な流動性危機状況にあり、利害関係者からの追加の資金投入がなければ4月に到来する各種費用を支払えなくなる」と述べた。
http://japanese.joins.com/


韓国GMは資金難に陥っているために6日に支払いが予定されていた「2017年度の成果給」を、最終的に支給しないことを決めたと聯合ニュースは報じている。韓国GM労組は社長室を抗議訪問するなど、直ちに対応に乗り出した。5日、業界によると、カハー・カゼム韓国GM社長はこの日、従業員に送った電子メール公示文で「我が社は現在、深刻な流動性危機状況に置かれており、利害関係者からの追加資金投入がない場合は、4月に到来する各種費用を支給することができなくなる」と述べた。

彼は「資金難で会社は2017年の賃金交渉で約束した2次成果給を予定されていた4月6日に支給することができなくなった」とし「この点について非常に残念に思っている」と付け加えた。 今月中に支払いが予定されていた昨年度の激励金の半額は1人あたり約450万ウォンだが、必要となる720億ウォン(450万ウォン×1万6千人)さえ用意できない実情という意味で解釈される。彼は4月の給与についても「支払いのための資金を確保するために努力しており、これに対して従業員の皆さんと進捗状況を共有する」と支払いが不確実であることを明らかにした。

使用者側からこのような内容の公文書を受けた韓国GM労組執行部はこの日午前、富平工場本館のカジェム社長のオフィスを抗議訪問し、社長に会ったものの特別な会話は交わされていないとのことだ。労組関係者は「労組は公文書1枚を受け取ったこと以外は全く使用者側の話を聞いたところなく直接社長室を抗議訪問した」とし「会議を開き、使用者側を告訴するかの議論をしているが、まだ労組側で特別な対応方針は定めていない」と述べた。

一方で、韓国GM労組が事実上スト権確保のための手続きに突入したとし、全国金属労働組合韓国GM支部は今月2日、中央労働委員会に争議調整を申請したと3日、明らかにした。 しかし、この状況でもストライキでなんでも解決できると考えるのは論外だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月06日 09:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp