韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、使い捨て製品使用が世界最高…「ごみ大乱」は繰り返される

韓国、使い捨て製品使用が世界最高…「ごみ大乱」は繰り返される

使い捨てカップ510個、ビニール袋420枚、包装用プラスチック62キロ。韓国の国民1人が1年間に排出するリサイクルごみの量だ。使い捨てカップは全国で年間260億個も発生する。1人あたりのビニール袋使用は環境先進国のフィンランドの100倍、包装用プラスチックの使用は世界2位だ。恥ずかしくも世界最高水準だ。今回の「リサイクルごみ大乱」に対処する環境部の拙速・後手行政は必ず責任を問わなければならないほど情けないが、これをきっかけに韓国の日常の消費習慣も省みる必要がある。排出量を減らさなければゴミ大乱はいつでも再発する可能性があるからだ。

その間、我々は便利だという理由で使い捨て製品を無分別に使用してきた。都心では会社員がコーヒーが入った使い捨てカップを持ちながら歩く風景が普通になった。家庭では水道水は信じられず浄水器は洗浄が面倒という理由で、ペットボトルに入ったミネラルウォーターの定期配達を受ける。出前の飲食品はプラスチック容器に入れられ、ビニールに入った使い捨ての箸やスプーンとともに届く。マートや市場にはビニール袋が散在している。 

いま先進国は使い捨て製品と戦っている。英国・デンマーク・スウェーデンなどはプラスチックとガラス瓶、缶などに保証金を賦課する案を導入することにした。フランスは2020年からプラスチックのカップと皿、ビニール袋など腐らない使い捨て製品を禁止することにした。欧州連合(EU)は2030年までにすべての使い捨て包装紙をリサイクル包装紙に変える方針だ。


中国の廃棄物輸入禁止、原材料価格の下落などでリサイクル品の処理が難しくなっている。こうした状況でごみ大乱を防ぐには包装材・使い捨て製品の排出を減らすしかない。国民の消費文化改善を誘導する政策が急がれる。国民も資源の浪費を減らし、環境を改善できるのなら、生活の小さな不便は受け入れるしかない。
http://news.livedoor.com/

環球時報は、韓国でごみが山積みとなっている問題で、韓国から「中国がごみ輸入を禁止したからだ」との不満が出ていると報じた。 韓国・ヘラルド経済によると、廃品回収業者がプラスチックや発泡スチロールなどの再生可能品の買い取りを4月から停止したため、ソウルなど大都市圏の住宅地で今月1日より処理できないごみが山積みになっているという。増えていく一方のごみに対して、一部の団地では住民のプラスチックごみ投棄を禁止したことで、住民との間でトラブルが発生しているという。

朝鮮日報は「これまで、廃品回収業者は空き缶や空き瓶、古紙などを買い取るとともにプラスチックごみも無料で引き取り、中国に輸出するか韓国の関連企業に販売していた。もともと利益が出る事業ではなく、古紙などの回収で出た利益で補填(ほてん)する形だった。そうした中で、中国が外国からのごみ輸入を禁止したことで再生可能ごみの価格が急落し、廃プラスチックの価格は2012年の1キロ当たり90ウォン(約9円)から今年3月には20ウォン(約2円)にまで下がった」とし、業者がプラスチックごみの回収を拒否するようになった経緯を伝えている。

韓国の現行法によると、リサイクルが可能なペットボトルや廃ビニールを有料のごみ袋に入れて捨てると過料の処分を受ける。これでは「ペットボトルを自宅に保管しろというのか」といった不満も当然出てくるだろう。またリサイクル業者ごとに回収する品目もそれぞれ異なっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月06日 10:05 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp