韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  リコール問題が影響か?3月の中国市場でホンダが販売台数を大きく減らす

リコール問題が影響か?3月の中国市場でホンダが販売台数を大きく減らす

2018年4月6日、観察者網は、3月の中国市場における日本車各メーカーの販売状況を伝えた。 記事は、中国の自動車市場では2017年、日本の4大メーカー(トヨタ、日産、ホンダ、マツダ)が過去最高の販売台数を記録し、注目の的となったと紹介。しかし、2018年に入ってからホンダは、エンジン不具合問題の影響で3月の販売台数が大幅な減少となったという。

日本メディアによると、4日に3月の中国市場における日本の4大メーカーの販売台数が出そろった。中でもトヨタは前年同期比2.4%増の11万8500台と好調で、主力のカローラの販売が堅調だったほか、8代目カムリは52.6%増となる1万3406台を販売した。 日産も好調で、前年同期比2.4%増の12万2959台を販売。今年に入って最も良い成績だったという。マツダは1.0%減の2万3406台で、3カ月ぶりの減少となった。しかし、1月から3月までの累計販売台数では過去最高となっている。

一方、大幅な減少となったのがホンダだ。前年同期比13%減の9万7587台で、2カ月連続の減少となった。ホンダは2017年から販売台数を伸ばしてきたがブレーキがかかり、1月から3月までの累計販売台数も30万台と2.3%減となった。 昨年同期には1万4000台を販売し、最高で月に2万台を販売した新型CR−Vのエンジン不具合によるリコール問題の影響で、CR−Vの今年3月の販売台数はわずか916台だった。現在、1500ccのCR−Vは販売を停止しているという。


記事によると、ホンダの販売台数は2015年以来3年ぶりの2カ月連続減少で、ここ2年はSUVタイプの自動車はほぼ毎月2ケタ増となっていた。記事は「今年の第1四半期を見ると、トヨタと日産は引き続き小幅な上昇で、マツダは現状維持、ホンダだけが大幅な減少となった」と分析。米国市場では日本車の売り上げが落ちているため、「好調な中国市場においてこの勢いを保てるかどうかが、グローバル戦略の焦点となっている」と結んだ。
http://www.recordchina.co.jp/

ホンダの中国合弁会社である東風本田汽車は2日、現地でリコール(回収・無償修理)を表明したスポーツ用多目的車(SUV)「CR―V」の販売を一時停止すると発表した事を受け、乗用車「シビック」についても同様の対応を取るとみられる。東風本田は寒冷な天候状況でエンジンにトラブルが発生する問題への対応策として、2月下旬からCR―V、3月初旬からシビックのリコールを実施する計画だったが、先月12日の発表では、1500ccのターボエンジンを搭載した約35万台が対象とされていた。関係者によると、1日に国家質量監督検験検疫総局が現時点のリコール計画は不十分との判断を示したため、新たなリコール計画で合意するまで新型CR―Vの販売を停止する対応を取ったという。 中国では自動車のユーザーが「微博」などのソーシャルメディアを通じて苦情を申し立てる動きが活発化しており、メーカー各社は対応を迫られている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月08日 09:39 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp