韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  巨額の経常収支黒字の日本、トランプ大統領の次のターゲットに

巨額の経常収支黒字の日本、トランプ大統領の次のターゲットに

2018年4月10日、環球網は、米メディアの報道を引用し、巨額の経常収支の黒字でトランプ大統領の次のターゲットは日本になるとする記事を掲載した。 米ブルームバーグ・ニュースの9日の報道によると、日本の海外との輸出入やサービスなどの取引を示す2月の経常収支が大幅な黒字となった。これは日本経済にとってグッドニュースであるが、日米関係に影響を与える可能性があるという。

記事は、明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストが、「世界的に貿易摩擦の懸念が高まっている中で、日本の経常収支が2兆円以上の黒字となったことは、日本を米国の攻撃目標としてしまう可能性がある」と指摘したことを紹介。 記事は「米中貿易摩擦の緊張が高まるにつれ、米国に対して貿易黒字の他の国は、米国大統領の次のターゲットは誰になるかと緊張しながら予想している。そして今、トランプ大統領は『米国から甘い汁を吸っている国』の一つである日本にすでに注意を向けている」とした。

さらに「日本の経常収支の黒字の大部分が、トランプ大統領が歓迎すべき米国への大量の投資を含む海外収入であるものの、2月の日本の対米貿易黒字は6310億円にまで増大。これは昨年比3.4%増で、米国への自動車輸出が好調だったことによる」とした。 また記事は、安倍晋三首相が今月17日から18日まで訪米し、トランプ大統領と会談する予定であるとも伝えた。
http://www.recordchina.co.jp/


経常収支は、貿易収支とサービス収支と第一次所得収支と第二次所得収支を合計したもの。貿易収支は、輸出から輸入を差し引いた差額。輸出は、日本人が働いて作った物を外国人が使い、その対価を日本人に支払うもの。輸入は、外国人が働いて作った物を日本人が使っい、その対価を外国人に支払うもの。 

2016年度の経常黒字が拡大したのはなぜなのか。理由の1つは原油価格の下落で輸入額が減少したことだ。一方の輸出は半導体・電子部品が予想外に好調で、ピーク時ほど巨額ではないものの、2016年度の貿易黒字額を押し上げた。近年、高齢化によって家計貯蓄率が低下してきており、いわゆる「ISバランス」(国内の貯蓄・投資差額と財政収支の合計は経常収支に一致するという恒等式)からみて、いずれ経常収支も赤字に転落するとの予測もある。だが、企業部門の貯蓄超過も考えると、経常収支の黒字は暫くは続くのではないか。

輸出額は70兆円前後で伸び悩んでいる。2016年度の貿易黒字が前年度比で拡大したのは、輸出額が増えたわけではなく、内需が弱く、輸入額が減ったためだ。あまり手放しで喜べる事態ではない。日本経済への恩恵という面でいうと、輸出数量が増えることが重要だが、国内生産が伸びているかというと横ばい。製造業の労働者も増えておらず、サービス業の労働者しか増えていない。さらに言えば、貿易収支だけを見て、経常収支(国際収支)を見ないのは、物事の半分しか見ていないのも同然だ。物事の半分でなく全体を見れば、「実は問題などはない」と言う結果につながる。

安倍総理はトランプ氏とどのような外交を実施するのか。米国の貿易赤字は巨額だが、国際収支全体では、赤字は少ない。知的財産権の収入や、貿易外の収支が大幅黒字であることが理由だ。日本は米国とどの様な対応をするのか…。しっかりとした外交を実施してほしいと思うが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月11日 17:15 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp