韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  発表資料には、KAISTがハンファシステムに国防とAIの融合課題発掘と研究開発のコンサルティングを行うと書かれていた。問題は韓国英字紙が「KAISTとハンファがAI武器(weapon)を開発する」との記事を掲載したことで表面化した。記事には「AI兵器は人間のコントロールなしで目標物を探し除去する機能を備える」といった詳細な描写もあった。申総長は「KAISTとハンファシステムが話し合ってもいない内容だ」と報道を否定した。

発表資料には、KAISTがハンファシステムに国防とAIの融合課題発掘と研究開発のコンサルティングを行うと書かれていた。問題は韓国英字紙が「KAISTとハンファがAI武器(weapon)を開発する」との記事を掲載したことで表面化した。記事には「AI兵器は人間のコントロールなしで目標物を探し除去する機能を備える」といった詳細な描写もあった。申総長は「KAISTとハンファシステムが話し合ってもいない内容だ」と報道を否定した。

3月2日、韓国科学技術院(KAIST)の申成澈(シン・ソンチョル)総長に人工知能(AI)分野の権威であるオーストラリア・サウスウェールズ大のトビー・ウォルシュ教授が電子メールを送った。ウォルシュ教授は「KAISTが殺人ロボットを開発しているというのは事実か」と説明を求めた。KAISTが今年2月、軍備メーカーのハンファシステムと共同で国防人工知能融合研究センターを開設した目的が自動で人間を攻撃するAI兵器の開発ではないかという疑問だった。それを軽視したKAISTは返信しなかった。

しかし、メールを無視した代償は大きかった。海外メディアはKAISTの教授を「戦争科学者」だと批判し、世界的な科学者がKAISTとの共同研究をボイコットすると表明した。事態収拾のため、韓国大統領府(青瓦台)や外交部(外務省に相当)まで乗り出した。KAISTは本当に殺人ロボットを作ろうとしていたのか。AI兵器がどれだけ危険だから、世界がKAISTに注目したのか。今月9日に大田市の大徳研究開発特区にあるKAISTを訪ねた。

記者と向かい合った申成澈総長は今回の事件について、「単純な誤解を発端とするハプニングだ」と説明した。申総長はウォルシュ教授から届いた「KAISTに対するボイコット宣言を撤回する」との内容の電子メールを記者に示した。 事件の発端はKAISTが2月20日に国防人工知能融合研究センターの開所を発表したことだった。


発表資料には、KAISTがハンファシステムに国防とAIの融合課題発掘と研究開発のコンサルティングを行うと書かれていた。問題は韓国英字紙が「KAISTとハンファがAI武器(weapon)を開発する」との記事を掲載したことで表面化した。記事には「AI兵器は人間のコントロールなしで目標物を探し除去する機能を備える」といった詳細な描写もあった。申総長は「KAISTとハンファシステムが話し合ってもいない内容だ」と報道を否定した。
http://www.chosunonline.com/
長文なので続きはこちら

世界の人工知能やロボット工学分野でトップクラスの専門家たち約50人が、韓国の大学・KAIST(韓国科学技術院)の人工知能を活用した兵器研究につき「キラーロボット開発につながる恐れがある」旨を抗議し、協力をボイコットすると公開書簡で宣言している。KAISTのシン・ソンチョル学長は直ちに「悲しむべきこと」と述べ、大学が自律兵器システム、つまりキラーロボットを作るつもりはないと表明した。 どうやら事の発端は2018年2月で、KAISTと韓国の防衛関連大手企業のハンファシステムと共同で「国防人工知能融合研究センター」設立し、人工知能を組み込んだ国防に関する研究を推進すると発表したことによる。

研究の対象はAIベースの意思決定システムや、無人海底車両のためのナビゲーションアルゴリズム、無人航法システムやオブジェクトの追跡および認識技術などを含むとされていた。だが、ニューサウスウェールズ大学のトビー・ウォルシュ教授など、世界30カ国のAI・ロボット研究者たちは「KAISTのような権威ある機関が、AI兵器を開発することで、軍備競争を加速することは残念」と公開書簡で表明した。KAISTとAI兵器の共同研究しているハンファシステムは、国際条約で禁止する動きのあるクラスター爆弾の生産に関わっているとされるハンファの子会社です。そうした事情も、より疑念を深めたと言える様だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月15日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp