韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のたばこ輸出急減 UAEの課税が直撃

韓国のたばこ輸出急減 UAEの課税が直撃

韓国の農林水産物と食品のうち輸出額が最も多い紙巻たばこが、1~3月期は2億1060万ドル(約226億円)と、前年同期比28.3%急減した。農林畜産食品部が15日までに集計した。最大輸出先のアラブ首長国連邦(UAE)がたばこに、「sin tax(罪の税金)」として100%の税金を課したことが打撃を与えたと分析される。

たばこは主原料の葉たばこが農産物に分類され、加工食品の扱いとなる。主にUAEなどの中東と東南アジアに輸出される。2017年の輸出額は11億2560万ドルで、農林水産物・食品全体の16.5%を占めた。 ところが、UAE政府が昨年10月からたばこに対する税率を100%とし、今年1月1日からは5%の付加価値税も課した。その結果、現地で販売される韓国製たばこの価格が2倍近くに跳ね上がり、韓国からの輸出が急減したとされる。

こうした動きはUAEだけでなく、今後、湾岸協力会議(GCC)加盟国全体に広がる見通しで、韓国のたばこ輸出の減少はしばらく続くと予想される。 一方、1~3月期の農林水産物・食品輸出は、高麗人参類(4700万ドル、26.6%増)やキムチ(2410万ドル、26.0%増)、イチゴ(2810万ドル、16.0%増)などの伸びが大きかった。ただ、たばこの輸出急減が響き、全体としては1.0%増の16億5790万ドルにとどまった。
http://news.livedoor.com/


2015年9月30日、韓国メディア・韓国経済によると、世界のたばこ市場で「メード・イン・コリア」のたばこが注目を集めている。海外のたばこメーカーが韓国で生産し輸出する例が増えているほか、韓国のたばこメーカーKT&Gでは今年初めて、輸出が国内販売を上回った。韓国国内に自社工場を持つ韓国フィリップモリス社は30日、同社の今年(14年7月〜15年6月)のたばこ輸出が初めて1億ドル(約120億円)を超え、前年の2倍近くに達したと発表した。輸出急増の要因は、ドイツからたばこを輸入していた日本が輸入先を韓国に移したことにある。

記事では、たばこは主原料の葉たばこが農産物に分類され、加工食品の扱いとなり、主に中東と東南アジアに輸出される。2017年の輸出額は11億2560万ドルで、農林水産物・食品全体の16.5%を占めたという。 ところが、UAE政府が昨年10月からたばこに対する税率を100%とした事、さらに今年1月1日からは5%の付加価値税も課した事で、現地で販売される韓国製たばこの価格が2倍近くに跳ね上がり、韓国からの輸出が急減した。韓国経済にとっては散々な状態だ。貿易依存度の高い韓国では、まだまだ様々な事が降りかかるのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月15日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp