韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  Apple、インドでiPhone6s Plusの試験的生産を開始か

Apple、インドでiPhone6s Plusの試験的生産を開始か

AppleのiPhone SEをインドで生産している台湾Wistronが、インドにおいてiPhone6s Plusの試験的生産を開始する模様です。インドメディアThe Economic Timesによれば、Wistronはインド・ベンガルールの工場内にiPhone6s Plus用の生産ラインを新設し、数週間以内に組み立てを開始するとのことです。

発売から約3年が経過したiPhone6s Plusをあえてインドで生産開始する理由は、インド国内での販売価格の引き下げです。現地生産により現行価格から5~7%の値下げが可能となるため、Samsungや中国ベンダーが同国内で販売する、高性能スマートフォンに対する競争力が向上します。香港を拠点とする調査会社Counerpointによると、2017年にインドで販売されたiPhoneのうち、約3分の1をiPhone6/6 Plusが占めていました。一方、現在インド国内で生産されている唯一のiPhone、iPhone SEが占めた割合は15%以下です。

インド政府は昨年12月に、スマートフォンの輸入関税を10%から15%へと引き上げました。Appleは昨年5月からiPhone SEのインド国内での組み立てを開始しているため、iPhone全体の平均値上げ幅を抑制できたとされています。4月初めには、同政府がスマートフォン部品にも10%の輸入関税を検討していると報じられました。関係者によればAppleはiPhoneの部品メーカーとも話し合いを行っており、インド国内での調達も視野に入れているとのことです。


インドで組み立てられたiPhone SE 2が今年5月か6月に発売されるとの噂がある一方、正確なApple情報を持つことで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は「今年前半にiPhone SE 2が発売される可能性は低い」とこの噂を否定しています。
http://news.livedoor.com/

Apple Insiderの報道によると、Appleサプライチェーンからの情報として、Appleの製品組立委託先協力工場の1つ「ウィストロン(Wistron、緯創)」が次世代iPhone(iPhone 8或いはiPhone 7s)の一部の組立を受注し、その製造要求に間に合わせるためにインドに工場を増設し、iPhone組立ラインを拡大している。 また、ウィストロンはインドの生産ラインのスマートフォン組立月間生産キャパを現在の65万台から200万台(3倍以上)に引き上げようとしている。この目標を達成するため、ウィストロンはニューデリー郊外の現行の生産ラインを拡大する計画で、バンガロールにも新しく生産ラインを設ける予定だという。

これまで世界の主要なiPhoneの製造は中国で行われてきた。もともと世界の工場として発展を遂げてきた中国は、家賃や労働コストの上昇によりだんだん労働集約型企業が生き残りにくくなっているものの、上流から下流まで全て揃っているという面では他の東南アジアやインドの製造業よりもメリットがある。インドに移った後それがどのように変化するのか、インドのサプライチェーンから情報が漏れてくる可能性もあるのかが個人的には気になるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月15日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp