韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国から米国へ、在韓米軍兵士家族ら米民間人が初の脱出訓練

韓国から米国へ、在韓米軍兵士家族ら米民間人が初の脱出訓練

在韓米軍が16日から20日まで、韓半島(朝鮮半島)有事に備えて在韓米軍兵士の家族ら米国国籍の民間人を韓国から米国本土まで実際に脱出させる非戦闘員退避活動(NEO=Non-combatant Evacuation Operation)を実施することが15日、分かった。

在韓米軍は毎年2回NEOを実施するが、米国にまで民間人を行かせるのは今回が初めてだ。米軍情報紙の星条旗新聞(Stars and Stripes)は先月22日にNEO実施に関する内容を報道したが、在韓米軍はこの時、「作戦事項として確認できない」「事実ではないと聞いている」と述べていた。

在韓米軍消息筋は「今回のNEOは民間人を在日米軍基地に撤退させた後、再び米国に移すという方法で行われる」と語った。このため、京畿道烏山市の在韓米軍空軍基地には、民間人を乗せる軍用機が待機しているという。在韓米軍は今回の訓練のため、米軍兵士家族ら民間人志願者約100人を選抜したとのことだ。 これまで在韓米軍のNEOはコンピューター・シミュレーションや韓国国内でのみ実施されていた。北朝鮮の5回目の核実験直後だった2016年11月には7年ぶりに民間人を軍用輸送機に乗せて在日米軍基地に移送している。

在韓米軍が韓国在住民間人を米国に移す訓練を実施するのは、米国が現在の韓半島の状況を深刻に受け止めているという証拠だ。
スポンサードリンク
また、日本も北朝鮮の核・ミサイルの脅威から安全でないと判断したとの見方もある。北朝鮮は昨年、中距離弾道ミサイル「火星12」(射程距離5000-5500キロメートル)を試験発射し、在日米軍基地とグアムを攻撃できる核ミサイル能力をアピールした。軍消息筋は「南北・米朝首脳会談を前に、北朝鮮の非核化に対する期待感が高まっているが、米国は最悪の状況にも備えている」と話す。現在、韓国の米民間人脱出作戦の対象者数は23万人と言われている。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は昨年12月12日、駐韓外交家とSNS上で「駐韓米国大使館職員と駐韓米軍の家族はすでに韓国を離れた」「駐韓米国大使館では職員の非常連絡先を点検している」など出所不明のうわさが拡散していると伝えている。これに対し駐韓米国大使館関係者は同紙に「米国大使館は通常業務を継続している」とし、うわさは事実でないと一蹴した。また、同関係者は「職員の規模と活動、駐韓米国市民に日常的に伝えられる指針などに何の変化もない。これが米国大使館の公式立場」と改めて強調した。

だが韓国内の米国人の疎開作戦は3~4月にもあった。北朝鮮が金日成生誕105周年の4月15日を前後して挑発に出て、原子力空母のカール・ビンソンが北朝鮮を先制攻撃するという内容のうわさとともに米国人避難説が拡散した。しかし現実には避難した人もいるだろう。何も危険な韓国に住む必要もない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月16日 10:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp