韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ネットで続々暴露される「ナッツ姫」妹のあきれたパワハラ

ネットで続々暴露される「ナッツ姫」妹のあきれたパワハラ

韓進グループ趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の次女で、大韓航空専務の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)氏(34)が広告代理店社員にパワハラ行為をしたとの疑惑に関連し、顕ミン氏がこまれで社会的地位を利用してパワハラ行為を繰り返してきたと暴露する投稿がインターネット上に相次いで寄せられている。いわゆる「趙顕ミン蛮行リスト」だ。

例えば、普段から所属部署のチーム長たちに罵声を浴びせたり、公正であるべき人事発令で基準を無視し、自ら年に3-4回もチーム長クラスの社員を移動させたりしていたとの投稿が寄せられている。さらに、今月12日には青瓦台(韓国大統領府)のウェブサイトに「大韓航空の顕ミン氏のパワハラを厳重に処罰すべき」との請願も書き込まれた。 韓国の大手財閥である韓進グループのオーナー一家のパワハラ騒動について、一般市民の怒りは容易には収まらない模様だ。仮に今回の事態が大韓航空への搭乗拒否運動にまで発展すれば、韓進グループが根幹から揺らぐことになりかねない。

航空業界が13日に明らかにしたところによると、趙顕ミン氏は先月、広告代理店社員との会議中に腹を立てて水の入ったコップを床に投げつけたという。趙顕ミン氏は広告代理店のチーム長に対し、大韓航空の英国便の広告キャンペーンに関して質問した際、チーム長が答えに窮したことから怒りを抑えられなくなったという。


波紋が拡大すると、趙顕ミン氏は「おろかで軽率な行動について、深くおわびする」「いかなる状況でもやってはならない行動で、言葉もない」とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で謝罪文を公表し、事態を収拾しようとした。 しかし、世論の怒りは容易には収まらない雰囲気だ。 趙顕ミン氏とかつて一緒に仕事をした経験のある人々が匿名で投稿するケースも相次いでいる。インターネットの掲示板などに、過去の趙顕ミン氏のパワハラ行為を「待ってました」とばかりに暴露しているのだ。

中でも最も多かったのが、同氏の「道徳性」に関する指摘だ。投稿には、趙顕ミン氏が自分より年上の人に対して頻繁に暴言を吐いていたとの内容が多い。そのために会社を辞めた社員もかなりの数に上るという。会議中に気に入らないことが起きると手にしていた物を頻繁に投げ付けた、との書き込みも見られた。また、同氏が強い立場を利用して広告代理店関係者をいじめていたとの話もある。
http://www.chosunonline.com/

韓国・大韓航空の趙顕ミン広告担当専務(34)が広告代理店の社員にパワハラをしたとする疑惑と関連し、同社は16日、警察の調査結果が出るまで趙氏に本社待機を命じ、専務の業務から外した。大韓航空は「今後、警察の調査結果が出次第、会社レベルでの適切な措置を追加で取る予定」と話している。趙氏は大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬会長の次女。広告業界によると、顕ミン氏は大韓航空の本社で先月16日に行われた同社の広告を担当する代理店社員らとの会議で、質問にうまく答えられなかったという理由で代理店の社員に対し声を張り上げ、顔をめがけて水をかけたとされる。

ナッツ姫から水かけ姫と話題の多い財閥ワガママ娘である。世間知らずの財閥の娘たちは、何をするかわからない。娘に限らずサムスンの副会長にしても、世代が変わる財閥グループは次第につぶれ行く運命だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月17日 09:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp