韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「iPhone XI」用のOLEDパネル、Samsungが5月に生産開始か

「iPhone XI」用のOLEDパネル、Samsungが5月に生産開始か

2018年秋に発売されるiPhone用の有機EL(OLED)パネルの生産を、Samsungが5月から開始する、と台湾メディア経済日報が報じています。経済日報によると、Samsungは5月から次期iPhone用のOLEDパネルの生産を月産200万~300万台のペースで開始し、6月には生産数を400万~600万台へと2倍に引き上げて量産体制に入ります。

韓国メディアETNewsも先日、在庫調整のためSamsungが稼働を一時休止していたiPhone用のOLEDパネル製造ラインを再稼働させる、と報じています。Samsungは、iPhone X用のOLEDパネルを独占供給しています。コスト抑制とリスク管理のため、Appleは通常、主要部品を複数サプライヤーに発注しますが、OLEDに関してはiPhoneの需要に応じられる生産能力を持つのがSamsungに限られるのが実情です。 Appleは、LG DisplayからもOLEDディスプレイの供給を受ける方針と報じられていますが、2018年の時点では、大半をSamsungが供給するのではないかとも言われています。

2018年秋に発売されるiPhoneは、iPhone Xの後継モデルとして「iPhone XI」や「iPhone X2」と噂される5.8インチOLEDモデル、「iPhone X Plus」とされる6.5インチOLEDモデル、そしてミッドレンジ製品と見込まれる6.1インチ液晶モデルの3つになる、と予測されています。 このうち、液晶モデル用のディスプレイパネルを、ジャパンディスプレイが大量に受注した、と報じられています。
http://news.livedoor.com/


サムスンは2014年にテレビ向けの大型有機EL(OLED)パネルの製造から撤退し、この分野では韓国のLGが覇権を握る状態が続いていた。しかし、韓国のメディアのレポートによると、サムスンが再びテレビ向けOLEDパネルの製造を開始したようだ。また韓国のメディアのレポートによると、サムスンが再びテレビ向けOLEDパネルの製造を開始した。サムスンは以前から高い評価を獲得していた、量子ドット(Quantum Dot)技術を新たなパネルに採用するという。韓国の「Etnews」が報じた匿名の関係者の証言によると、サムスンは新たに「QD-OLED」テレビディスプレイを開発中だという。「QD」とは量子ドットを意味し、今回の製品が量子ドットとOLEDの融合による新型ディスプレイであることが分かる。 

一方で、AppleがiPhone Xの生産台数を縮小したため、Samsungは有機ELディスプレイ(OLED)の生産数を半分以下にまで縮小する羽目になったと報じている。 また、英国に本拠を置く市場動向調査会社IHS Markitは、OLED(有機EL)パネルがスマートフォンや高級TVにますます多く使用されるようになることを受け、パネルメーカー各社は新たな有機EL生産ライン建設への投資を強化しており、その結果、RGB独立発光方式(RGB方式)の有機ELと白色発光・カラーフィルタ方式(白色方式)の有機ELの両方を合わせた有機ELの全世界生産能力は2017年の1190万m2から、5年後の2022年には320%増の5010万m2に増加するとの予測を発表している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月17日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp