韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国本社が利子商売? 労組・政界の根拠弱い「GM食い逃げ論」

米国本社が利子商売? 労組・政界の根拠弱い「GM食い逃げ論」

ゼネラルモーターズ(GM)本社が提示した韓国GMの法定管理(裁判所主導の企業再建手続き)期限の20日が差し迫っているが、労使は自助案で合意できずにいる。こうした状況で民主労総と与野党政界はGMとKDB産業銀行に対する批判水準を高めている。米GM本社が韓国GMの利益を持ち出す「食い逃げ」行為を行ったということだ。

しかし中央日報がGM本社の高金利貸し付け、過度な研究開発費負担、本社の不合理な完成車・部品取引疑惑など、韓国GMの経営悪化の原因として提起される3種類の疑惑をGM本社の年次報告書(GM10-K)と韓国GMの会計帳簿、信用評価報告書などに基づいて分析した結果、特別な問題点は見つからなかった。まず労組と政界はGM本社が韓国GMに年5.3%と4.8%の金利で2017年末現在1兆1000億ウォンを貸し付けているのは、「本社が韓国GMの利益を持ち出すための高金利貸し付け」と主張する。しかし韓国GMに貸し付けたGM本社も4~5%台の金利で外部から資金を借りている。

GM本社も負債比率が2017年末基準で507%に達するなど財務状態が良くなく、格付けが低く形成されているためだ。国際格付け会社のムーディーズは2月にGM本社の格付けを「Baa3」と評価した。信用が良くない本社が多少高い金利で金を借りて子会社に同水準の金利で貸し付けることをめぐり「高金利で利子商売をしている」とみるのは難しいだろう。


本社が韓国GMに過度な研究開発費を負担させたという疑惑も根拠が不足するのは同様だ。全国非正規労組連帯会議のオ・ミンギュ政策委員は10日、「韓国GMの不良、本当の原因糾明大討論会」で、韓国GMの研究開発費支出は2003~2006年の平均2700億ウォン水準から2007年~2016年には6000億ウォン規模に大きく増えた」と指摘した。しかし2003年から2017年まで韓国GMの売上比研究開発費支出比率を調査すれば3~4%水準と一定している。

研究開発費支出が増えた時期には売り上げもそれだけ増えている。これは海外法人の売上比率により海外子会社全体の研究開発費支出額を分配する「費用分担協定(Cost Share Agreement)」に従ったものだ。海外子会社全体に適用する同じ研究開発費処理基準だ。韓国GMのパク・ヘホ部長は「監査報告書に公示されていないが、支出された研究開発費の相当部分を本社が再び戻す政策もある」と説明した。
(略)
http://japanese.joins.com/

自動車産業に造詣が深い専門家7人に膠着状態である韓国GM問題を解決する方法を中央日報が尋ねた結果、韓国政府がより積極的に事態に介入し、労働組合は大乗的に譲歩し、GMは韓国政府が動ける名分を提供すべきというのが彼らの助言だ。状況がこのようになったのは根本的に韓国GM経営陣の経営失敗と労組の無理な要求から始まった。だが群山工場閉鎖以降の韓国政府の交渉戦略も未熟だったというのが専門家らの一貫した指摘だ。

「GMには決してやられてばかりでいない」という考えがGMに立場では受け入れ難い提案をすることになり、それが交渉をこじらせたという指摘もがる。韓国政府がGMに要求した資料は多国籍企業の立場では提供しにくい資料でもある。多国籍企業の会計処理基準とグローバルスタンダードを考慮しなければ交渉が難しくなりかねない。財務調査を強行する場合には外国人投資企業が韓国への投資を敬遠する契機になりかねない。 現在の状況で韓国GMの正常化を妨げる最も大きな障害は労組という意見に多くの専門家が同意している。韓国の大企業労組はこれまで『瀬戸際戦術』で交渉を有利に導いたが、現在の状況でも韓国GM労組が同じ戦術を取れば結局破局で終わるだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月19日 10:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
働かない労組による食い潰し
<米GM本社が韓国GMの利益を持ち出す「食い逃げ」>と批判してもGMは逃げて行くのみ、むしろ韓国内の反発が強ければ強いほど心置きなく韓国から撤退出来るので都合が良い。
それだけで無く、現代自動車だって韓国から脱出するチャンスを覗っているんじゃ無いのか?
韓国GMの赤字はろくに働かないのに高額な賃金を要求する労組が食い潰した事に尽きるだろう。
[ 2018/04/19 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp