韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日米首脳会談、自由で公正な貿易の協議開始で一致

日米首脳会談、自由で公正な貿易の協議開始で一致

訪米中の安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日未明)、トランプ大統領とフロリダ州パームビーチで2回目の会談を行った。安倍首相はその後の共同記者会見で、トランプ氏と両国が自由で公正、かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意したことを明らかにした。

新たな協議は日本側が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を担当する茂木敏充経済再生担当相、米側が米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が代表して行う。そのうえで、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領がトップを務める日米経済対話に報告する形を取る。

トランプ氏は会見で、「私はTPPに戻りたくはない。2国間の貿易協定が好ましい」と述べ、日本との自由貿易協定(FTA)の締結に意欲を示した。トランプ氏は巨額の対日貿易赤字を指摘し、日本市場の貿易障壁を問題視した。

これに対し、安倍首相は新たな協議を通じ、「日米の貿易や投資を拡大させていく」と説明。日米のFTA交渉については「TPPが最善」として、トランプ氏と隔たりを見せた。


米国による鉄鋼、アルミニウムの輸入制限に関し、日本を適用除外にすることは今後も協議を続ける。 一方、両首脳は北朝鮮に対し、完全かつ不可逆的で検証可能な方法での核・ミサイル廃棄を求めることで一致。拉致問題の早期解決を目指していくことも確認した。トランプ氏は「私にとっても重要な問題だ」と述べ、米朝首脳会談で取り上げる考えを示した。
https://www.sankei.com/

アメリカ南部フロリダを訪れている安倍総理大臣はトランプ大統領とゴルフをしたあと、日本時間の19日早朝、双方の経済閣僚も交えて2日目の日米首脳会談を実施した。会談で両首脳は、自由で公正かつ相互的な貿易取引を実現するため、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による協議を始めることで合意した。トランプ大統領は「われわれは巨額の対日赤字を抱えているので、できれば均等にしたい。比較的短期間で何がしかのことができると信じている。日本はすでに多数の飛行機、ジェット戦闘機と旅客機の購入を予約している。私は金融や経済の世界が大好きだ。おそらく最も得意としている分野であり、課題を解決できるだろう」と述べた。

安倍総理大臣は「アジア太平洋地域は世界経済をけん引する強力な成長センターだ。日米で力を合わせて日米両国の貿易と投資を拡大していきたい。そのためにも、21世紀にふさわしい、自由で公正な枠組みをアジア太平洋地域に日米で拡大させていくことが大切だ」とした。両首脳は、自由で公正かつ相互的な貿易取引を実現するため、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による協議を始めることで合意した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月19日 10:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp