韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  アップルの「一強ぶり」鮮明、世界のスマホ利益の86%を独占

アップルの「一強ぶり」鮮明、世界のスマホ利益の86%を独占

調査企業「Counterpoint Research」のレポートによると、世界のスマホ市場は成熟化に向かっており、2017年第4四半期の利益は1%の減少となった。しかし、端末ごとの利益を割り出してみたところ、驚くべきことに上位10機種のうち8つがアップルの端末であることが分かった。

四半期あたりの利益に占める割合が最も高い端末は、アップルの「iPhone X」でシェアは35%に達していた。それに続くのが「iPhone 8」(19.1%)や「iPhone 8 Plus」(15.2%)となっている。そして発売から2年を経た「iPhone 7」が4位で6.2%。「7 Plus」が5位で5.0%だった。アップルは売上ベースでは世界のスマホ市場の51%を占めており、サムスンの約3倍、ファーウェイの約7倍のシェアを誇る。アップルは四半期あたり610億ドル(約6.6兆円)の売上をスマホで生み出している。

そして、ようやく6位に登場するのがサムスンのGalaxy Note 8だ。調査企業「ガートナー」によるとサムスンは2017年に3億台以上のスマホを出荷していた。同社は2014年にそれまで56機種あった製品ラインナップをスリム化し、約40機種にまで抑えていた。その後、サムスンはさらに製品を絞り込み、現在では11のメインモデルを軸に展開している。


そんな中、アップルは世界のスマホ市場の利益の86%を独占するポジションを築いている。価格が高すぎると議論を呼んだiPhone Xが、同社の利益率をけん引している。「iPhone Xが2017年第4四半期に生んだ利益は、累計600機種に及ぶアンドロイド端末の利益の合算の5倍に達していた」とCounterpointのアナリストのKarn Chauhanは述べている。もう一つ興味深いのは先日、米国市場からほぼ追放された中国のファーウェイが、前年度比で59%の利益増を記録したことだ。しかし、アップルの利益はあまりにも巨大だ。スマホだけでなくウェアラブル領域でも同社の覇権は強力だ。世界のウェアラブル市場で、アップルウォッチは売上ベースで約59%のシェアを獲得している。
http://news.livedoor.com/

アップルが折り畳み可能なiPhoneの開発を、2020年の発売を目標に行っているとの噂が浮上している。昨年11月に同社は「折り畳み可能な電子デバイス」に関する特許を出願していたが、3月23日に「CNBC」が掲載したレポートで、さらに詳細が明らかになった。CNBCの記事によると「バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ」のアナリストWamsi Mohanが先日、数カ所の中国のサプライヤーを訪れたという。Mohanは顧客向け資料で「アップルは2020年に、OLEDディスプレイを搭載した折り畳み式スマートフォンを発売する」と述べた。スマホ業界の関係者の間では、折り畳み式スマホが次のトレンドになるとの見方が有力だ。レノボやサムスンらは既に、2画面のスクリーンの中央部分を折り曲げ可能にした、折り畳み式スマホのデモ動画を公開している。

またサムスンが発売を計画中の「Galaxy X」と呼ばれる端末が、折り畳み式スマホになるのではとの見方も浮上している。アップルは以前から韓国のLGと共同で、折り曲げ可能なディスプレイを開発中であるとの説もささやかれていた。しかし、折り曲げ可能ディスプレイの製造は非常に難易度が高く、実現できたとしても台数の確保が難しい。次のトレンドとなるのか…。スマホがタブレットに変身する折り畳み式というのは魅力だが、どんな折り畳みになるのか興味はある。一方、アップルの場合は宣伝広告費をかけず、しかも製造を持たない企業で、さらに特許で包囲し、受注量で部品単価も抑える。現在インドでiPhoneの製造を開始している。製造原価をさらに抑える戦略だ。

世界のスマホ市場は現在ほぼ飽和状態に達しており、今後重要となるのが他メーカーとの差別化だ。ディスプレイは最大の差別化が果たせるパーツであり、折り畳み可能ディスプレイは次の業界スタンダードになるとの見方もある。現実はどうか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月19日 16:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp