韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の粉ミルク、3月の対中輸出が急増

韓国の粉ミルク、3月の対中輸出が急増

2018年4月19日、参考消息網は、中韓関係が徐々に改善するのに伴い、3月の韓国の対中粉ミルク輸出が前年同期比で139.4%増と大きく伸びたと報じた。

韓国農水産食品流通公社が18日に発表した情報によると、今年3月の韓国の粉ミルク総輸出額は742万9000米ドル(約7億9800万円)で、前年同期比101.0%増を記録した。前年同期比でプラスになるのは13カ月ぶりだという。

韓国・聯合ニュースは18日、韓国の粉ミルク輸出が大きく伸びた主要因が対中輸出の回復にあるとし、3月の対中粉ミルク輸出が同じ139.4%増の529万3000ドル(約5億6900万円)に達したと報じている。対中輸出においても昨年2月以降前年同期比で12カ月連続のマイナスを記録しており、13カ月ぶりの反発となったとした。

また、昨年3月以降韓国の粉ミルクの対中輸出が急速に激減し、粉ミルク輸出全体の規模も大きく縮小、昨年1年間の粉ミルク輸出額は前年比36.0%減、対中輸出は41.6%減だったと伝えている。


さらに、中国政府が今年から「史上最も厳しい粉ミルク政策」と呼ばれる「乳幼児向け配合粉ミルク製品の配合登録管理方法」を実施し、乳幼児用粉ミルクの品質の安全管理を強化したことについて、韓国の粉ミルク業界関係者が「中国は粉ミルクの管理を強化したが、競争力を持つ韓国の粉ミルク業界にとっては新たなチャンスになるだろう」と語ったことを紹介した。
http://www.recordchina.co.jp/

2016年に中国で韓国の粉ミルクが注目を集めていると報じられた。 赤ん坊が初めて食べるものなだけに、粉ミルクの安全性を重要視する中国の消費者が韓国の粉ミルクの品質に信頼を寄せているからだ。 そんな傾向を裏付けるかのように、韓国粉ミルクの中国向けの輸出が急ピッチで増加している。関税庁によると、昨年の中国向けの粉ミルクの輸出額は9,397万4千ドルにも上る。2014年の7,540万5千ドルに比べ2割増となっている。 3,909万4千ドルだった2012年と比ると、毎年2~3割の成長を遂げている。

韓国の粉ミルクメーカーらは、中国の消費者向けにオーダーメード型の製品生産と研究開発に投資している。毎日乳業は中国などアジア地域の母親の母乳と赤ん坊の大便を分析し、これを基に母乳に成分が似た消化・吸収されやすい粉ミルク「金典名作」を開発した。とくに、東洋人と西洋人の食生活の違いによる母乳成分の差に注目(/着目)、赤ん坊が必要とする栄養成分の配合も異なる点に注目した。 3月の対中粉ミルク輸出が同じ139.4%増の529万3000ドル(約5億6900万円)に達したと報じているが、粉ミルクでは韓国経済は支えられない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月20日 11:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp