韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮「核実験中止」に、中露韓、相次ぎ歓迎 中国「経済集中」支持

北朝鮮「核実験中止」に、中露韓、相次ぎ歓迎 中国「経済集中」支持

朝鮮が核・ミサイル実験の中止を表明したことに、中国やロシア、韓国も相次いで歓迎の意向を示している。 中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は21日、「朝鮮(北朝鮮)の決定は緊張緩和、半島の非核化の推進に資する」と評価した。 3月26日の中朝首脳会談で両国が急速に関係改善する中、陸氏は、北朝鮮が「経済発展に集中する」とした点を強く支持。中国が最大の後ろ盾として北朝鮮を支え、影響力を高める意欲を示した。

中国は国連安全保障理事会決議に基づく対北朝鮮制裁は維持しているものの、中朝貿易関係者によると、中朝国境地域での経済交流に関する雰囲気は大幅に緊張が和らいでいるという。

露外務省のザハロワ情報局長は21日の声明で、「朝鮮半島の緊張緩和と北東アジア情勢の正常化に向けた重要な一歩となる」と評価。インタファクス通信によると、下院外交委員会のチェパ副委員長も「北朝鮮が西側の脅威を感じなければ、地域の非核化を実現できる。今日はその提案が実質的に実現された」と歓迎した。ロシアも北朝鮮の核やミサイル開発に反対してきたことから、今回の決定が南北朝鮮や米朝の対話推進と、北東アジアにおける緊張緩和につながると評価している。


昨年の国連安保理の制裁決議では、ロシア国内にも多数滞在する北朝鮮労働者の受け入れ禁止が盛り込まれているが、北朝鮮との間でこの問題に関する話し合いも始めている。 一方、南北首脳会談を控える韓国大統領府は「北朝鮮の決定は全世界が願っている朝鮮半島の非核化に向けた意味ある進展だ」と評価したうえ「南北首脳会談と米朝首脳会談の成功に向けた非常に肯定的な環境作りにも寄与する」と歓迎するコメントを出した。
https://mainichi.jp/

北朝鮮がミサイルを保有し続ける限り、自主的な実験凍結はたちまち解除できる。北朝鮮は1999年にもミサイル実験モラトリアムに応じたが、1994年の米朝枠組み合意が2002年に破綻(はたん)した後、2006年には実験を再開している。今回の声明で金正恩は、核実験中止に伴い、「強力な社会主義経済の進展と国民の生活水準の改善に全精力を集中する」と明確に表明した。北朝鮮は予定される韓国や米国との首脳会談で、様々な制裁措置の解除を求めてくるだろう。米大統領との首脳会談実現は、もはやそれ自体で手柄として十分だ。金委員長にとっては、祖父も父親も実現できなかった成果である。金委員長がトランプ大統領と並んで座る。それが実現できるならば、核実験場を廃棄してICBM発射を一方的に中止することによる損失は、北朝鮮としては十分に受け入れられるだろう。

北朝鮮の声明は核保有国としての弁舌にも聞こえる。自国の存続をついに保証してくれる武器を諦めるつもりなど、これぽっちもない国の物言いだ。トランプ大統領は金委員長の表明を「すごい進展だ!」と称えた。しかし、金委員長の究極的な目的が何か、大統領はできるだけ早く認識した方が良いだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月22日 08:17 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp