韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  破局防いだ韓国GM…これからはGMの責任が重要だ

破局防いだ韓国GM…これからはGMの責任が重要だ

韓国GM労使が「デッドライン」直前に劇的に自助計画に暫定合意することで法定管理を回避した。使用側が群山(クンサン)工場の労働者に対する長期無給休職案を撤回し、労組が賃金凍結と成果給未支給などを受け入れた結果だ。労使は「未来発展委員会」と「富平(プピョン)第2工場特別委員会」を作り会社経営正常化案と新車配分問題などを議論することにした。あすとあさっての組合員による賛否投票を通過すれば合意案は確定する。

労使の妥結は遅れたが幸いなことだ。しかし経営危機の前で労使が大乗的な姿勢を見せることができず瀬戸際交渉という旧態依然な姿を繰り返したことは残念だ。今回のGMの交渉や、クムホタイヤ、STX造船の場合でもこれ以上労使問題に「政治的解決法」を期待するのは厳しいという点が改めて確認された。今後企業の構造調整過程で労使ともに留意すべき部分だ。

ひとまず大きな峠は越えたが、今後GMと韓国政府、産業銀行間の交渉という山場が残っている。当面はGMの貸付金の出資転換と大株主の差等減資が争点に浮上している。差等減資がなければGMが貸付金を出資に転換する場合、産銀の株式は1%以下に減る。このようになると産業銀行がGMの一方的経営に対し牽制する装置がなくなる。「食い逃げ」のように韓国経済に衝撃波を投げる独断的決定を防ぐためにも最小限の牽制装置は絶対に必要だ。


産業銀行は韓国GMに対する経営実態調査中間報告書を通じ労使合意後に会社側の経営計画がしっかりと履行されれば劇的再建は可能だと予想した。だが生半可な期待は禁物だ。韓国GMに対するGM本社の積極的な支援の意志と実効性ある経営戦略が後押しされないならばいつでも危機は再発しかねない。韓国政府は今後の交渉過程で大株主の責任と持続可能な生存案という支援原則を揺らぐことなく守らなければならない。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、法定管理という最悪の事態は防がなければいけないと報じている。労使合意案が出れば群山工場1カ所の閉鎖にとどまるが、法定管理に入れば衝撃は群山を越えて全国に広がる。再建に向かうとしても3000人以上の大規模リストラは避けられない。裁判所が回復の可能性がないと判断すれば清算に進む可能性もある。法定管理に入る瞬間、正常な運営が不可能となり、販売網が崩れて営業網を復旧するのが難しくなるからだ。この場合、被害は韓国GMの勤労者1万6000人にとどまらず、3000カ所にのぼる協力会社の職員30万人も連鎖倒産による失業恐怖に直面する。さらに自動車部品の生態系が崩れて、韓国自動車産業の競争力まで失いかねない。

稼動率20%でしかない工場をGM側がどう対応するのか…。そもそも売れない車が急に売れることは無いわけで、実質韓国GMは法定管理を避けたとはいえ、厳しいことに変わりはない。韓国GMは破局になると、30数万人が失業危機となる。文政権の責任問題も問われる。米朝首脳会談にむけて南北首脳会談を実施するにあたり、この問題を法定管理とはしたくはないだろう。様々な思惑があるのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月24日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
遅きに
 韓国GMの整理は遅きに失している残す価値も無い資産です、GM本体が2009年に破綻して2013年まで実質のアメリカ国有企業です、このような企業が韓国に製造工場を持って居たなどとは驚きです、アメリカ本土で労働組合の横暴に苦しめられたのに韓国で労働組合の横暴にいまさらながら直面するとはGM本社も馬鹿です。
 今回の合意にしても妥協の産物で私がGM本体の株主であれが経営陣の責任を厳しく問うべき事案です、仕事も真面にしない朝鮮人に年間900万円もの賃金を支払うなど経営者の能力を疑います、企業経営は決して慈善事業ではありません収益が上がらなければ撤退か整理しか無いはずです、GM本体は何を考えているのやら?
[ 2018/04/24 19:55 ] [ 編集 ]
居抜きで
>貸付金の出資転換と大株主の差等減資
これは帳簿上のことで、キャッシュは回らない。

朝鮮日報を見たら、GMが出した条件のひとつは、
>大株主である産業銀行が5000億ウォン(約500億円)以上の支援を行うこと
これがつなぎの運転資金のようだ。
店舗不動産でいう「居抜き」の格好で、あとは銀行と組合に任せて、
GMは抜す出す作戦か。
[ 2018/04/25 01:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp