韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  iPhone Xは16%、過去モデルがiPhone売上の40%を占める?

iPhone Xは16%、過去モデルがiPhone売上の40%を占める?

2018年1月~3月におけるiPhone各モデルの売上比率につき、米市場調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)のレポートが発表されました。それによるとiPhone Xは全体の16%を占め、トップのiPhone 8(23%)、2位のiPhone 8 Plus(21%)に次ぐ「3番目に売れているiPhone」とされています。

さらに2017年以前に発売された旧モデルの販売は、iPhone全体の40%を占めているとのこと。この割合は前年同期から上がっており、最新機種の人気にブレーキがかかったことを示唆しています。様々な報道で販売不調が伝えられているiPhone X。2017年9月~12月、発売後の最初の3ヶ月では20%だったiPhone全体売上に占めるシェアが、その後の3ヶ月で16%まで低下したとのデータが出ています。とはいえ、今四半期(2018年4月~6月)のシェアは16%を大きく下回る見込みはないとのこと。CIRPの共同設立者Josh Lowit氏は「この四半期(1月~3月)は、通常は最新機種ローンチ後かつ顧客が新モデルを予想し始めて売上が減速する前の、iPhoneの需要ベースラインを示すもの」と述べています。

つまりiPhone Xの16%という数字は、最初の興奮が冷めたあとの「落ち着いたシェア」ということです。その一方で最新モデル全般について、iPhone販売に占めるシェアの低下は明らか。2017年の同四半期においては、その時点で最新モデルだったiPhone 7と7 Plusは売上高の68%に上っており、今年(3機種の合計で60%)は8%もの減少を見せています。


その分だけ伸びているのが、前年までの旧モデル。2018年1~3月にはiPhone 7と7 Plusは合わせて約20%、より過去の機種であるiPhone 6および6S Plusは売上高の13%を占めており、発売2年目を迎えたiPhone SEも8%と健在です。先のJosh Lowitz氏いわく「(iPhoneは)8つのモデルが販売中で、最新のもの(iPhone X)は1000ドル近くもする。消費者は同じような多くの機能が使える、より古くて安価なモデルを求めているようです」とのこと。

iPhone XはOLEDパネルや顔認識のFace IDなど先進機能を備えているものの、国内価格でスマートフォン分割払いの審査が厳しくなるといわれる10万円超えなどハードルが高く「資金に余裕がある新しもの好き」以上には普及しにくいのでは、との声もあります。たびたび噂になっている2018年の次期iPhoneのうち、6.1インチのLCDモデルは550ドルからの廉価版になるとの予測も流れています。「1~2年前の旧機種でも十分に高性能、安い方がいい」の壁を破るためにも、アップルには価格面で奮闘を期待したいところです。
http://news.livedoor.com/

2017年9月22日から販売が開始されたばかりのiPhone 8とiPhone 8 Plusですが、どうやらセールスが好調ではない状況が伝わっている。発売からおよそ一ヶ月が経過した時点では、旧モデルとなったiPhone 7がiPhone 8の販売台数を上回っているという調査結果が公表されている。Appleは慣例的に製品の販売台数を公表していませんが、KeyBanc Capital MarketsのアナリストJohn Vinh氏の調査によると、iPhone 8シリーズの売り上げは大方の予想よりも低調に推移しているとみられている。実店舗に対して行った調査からは、iPhone 7シリーズの売り上げがiPhone 8シリーズを上回っている。例年であれば、新モデルの発売直後にはApple Storeで商品の在庫が底をつくということもあるが、今年はほとんどの店舗で購入できる状態となっており、「飛ぶように売れる」という状態ではなかった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月25日 10:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp