韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界500大企業、中国は20年間に3社から109社に…韓国は足踏み

世界500大企業、中国は20年間に3社から109社に…韓国は足踏み

韓国経済の産業多様性は低下し、韓国ではグローバル企業はあまり育たず、売り上げは中国企業に劣勢であることが調査で分かった。 韓国経済研究院が世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」を分析し、24日に発表した資料には、苦戦している韓国産業の現状がそのまま表れている。フォーチュン・グローバル500は米国の経済専門誌「フォーチュン」が総収益を基準に毎年発表しているランキングだ。

韓国経済研究院の分析によると、韓国国内の産業基盤は大きく3つの側面で脆弱さが見える。まず、特定産業への偏りが深刻だ。フォーチュン500企業が属する産業分野は計62分野。このうち韓国企業が含まれた産業は2015年の10分野から昨年は9分野に減少した。韓国経済研究院のユ・ジョンジュ企業革新チーム長は「種目が減ったというのは新しい産業分野で成功した企業が登場していないという意味」と分析した。 500企業に入った企業の数が韓国(15社)と似ているオランダは産業分野が2015年の12分野から昨年は13分野にむしろ増えた。ドイツも17分野から19分野に増え、日本は20分野を維持した。

韓国は電子・自動車・金属など伝統製造業では強いが、金融・通信・食品・流通のようなサービス部門と宇宙航空・防衛・医薬のような先端産業でフォーチュン500に入った企業が一つもなかった。特に流通業の場合、韓国トップの流通企業ロッテショッピングの売上高は、売上高と雇用で世界トップ企業のウォルマートの6%にもならなかった。韓国経済研究院の関係者は「製造業に比べてサービス業は雇用創出効果がはるかに大きいが、この分野で成長した企業がない」とし「国内で雇用が大きく増えない原因」と説明した。


韓国はフォーチュン500に入った企業の数も減少している。2015年には17社だったが、2015年、16年は15社に減った。第4次産業革命を主導しているドイツはこの期間に28社から29社に、オランダも13社から14社に増えた。ユ・ジョンジュ氏は「大型企業が減ったというのは産業競争力が低下しているという兆候」と説明した。 売上高の面でも韓国企業の危機が表れている。20社以上が含まれた主要国の企業と比較すると、韓国企業の平均売上高は最も少なかった。昨年の韓国企業の平均売上高は497億ドル(約5兆4500億円)だった。平均売上高が最も多い米国(542億ドル)の77%水準だ。
http://japanese.joins.com/

アメリカの経済誌フォーチュンが、毎年発表している世界企業番付「Fortune Global 500(フォーチュン・グローバル500)」の2017年版を発表し、Appleは営業収入2,156億ドル(約24兆円)で去年と同じ9位にランクインしており、利益だけで見ると456億ドル(約5兆円)と世界で最も収益性の高い企業となっている。 1位は4年連続で米ウォルマートが獲得し、営業収入は4,858億ドル(約54兆円)で、2位は去年に続き国家電網で営業収入は3,151億ドル(約35兆円)、3位は去年4位だった中国石油化工集団で営業収入は2,675億ドル(約29.8兆円)となっている。また、IT関連では、Samsungが15位、Amazonが26位、Alphabetが65位、Microsoftが69位、Huaweiが83位などとなっている。

更に、日本企業では、前年8位だったトヨタ自動車が営業収入2,546億ドル(約28.4兆円)で5位にランクインしている他、29位にホンダ、33位に日本郵政、44位に日産自動車、50位にNTT、71位に日立、72位にソフトバンク、87位にイオンなどがランクインしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月25日 16:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp