韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車産業が崖っぷち 「ビジネスモデル」崩壊危機

韓国自動車産業が崖っぷち 「ビジネスモデル」崩壊危機

韓国メディアの間で「自動車産業崖っぷち説」が騒がしい。直近の韓国国内の自動車生産台数がメキシコに逆転されたうえ、業界を牽引(けんいん)してきた現代(ヒュンダイ)自動車の勢いはじり貧だ。国内における圧倒的なシェアを背景にした現代自のビジネスモデルが、国内外の経済環境の急変により崩壊の危機にさらされているからだ。

東亜日報は3月13日の配信記事で、「韓国自動車産業に赤信号がともった」と切り出し、1~2月の韓国内自動車生産台数が前年同期比5.5%減の59万9346台となり、前年世界7位のメキシコを約3万3000台下回ったと報じた。韓国は自動車生産台数上位10カ国の中で唯一、2016、17年の2年連続で前年実績を下回っている。一時は中国、米国、日本、ドイツに続く世界5位まで上り詰めた韓国だが、16年にインドに追い越され、このままではメキシコに競り負けて7位に転落する可能性がでてきた。

韓国自動車産業協会幹部は「慢性的な高コスト、低効率構造を改善しなければ、主要自動車生産国の中で韓国だけが唯一墜落しかねない」と憂慮する。 聯合ニュースは2月13日、現代自と傘下の起亜自動車の国内生産に占める割合が昨年末に44.0%となり、06年の73.3%から大幅に減ったと報じた。「国内での生産性やコスト面で競争力を失った」と指摘する。


中央日報も昨年10月11日、「韓国自動車産業が崖っぷちに立っている」と伝え、その理由として高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を契機とした中韓関係の悪化や、米韓自由貿易協定(FTA)再交渉、労使問題などの悪材料を挙げた。 17年の現代自の中国における販売台数は、前年比27.9%の大幅減。現代自の同年1~12月期連結決算では、本業のもうけを示す営業利益が前期比12%減と5年連続の減益となった。
https://www.sankei.com/

韓国内における輸入車のシェア上昇や、度重なる労働組合のストライキに伴う人件費高騰、ウォン高・円安傾向など、さまざまな要因が重なって競争力を失いつつある。日本企業の技術移転が終了し、技術力と言う側面に弱い韓国企業。特に自動車産業は日本企業からの技術力は大きいだけに、自社による技術力限界点となった韓国企業にとっては、逃げ道がない。品質或いはクレームの対応、さらに新技術の改革となると、成長戦略において日本より大きく劣るだけに、世界企業から置いてきぼりを食らうことになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月26日 08:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp