韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  6.1インチ液晶のiPhone、OLEDモデルより約2.2万円安くなる?

6.1インチ液晶のiPhone、OLEDモデルより約2.2万円安くなる?

今年秋に発売される6.1インチ液晶モデルのiPhoneは、価格が有機EL(OLED)モデルと比べて200ドル(約22,000円)安くなる、との予測が発表されました。また、6.5インチOLEDモデルは「iPen」と呼ばれるアクセサリに対応するとも予測されています。 2018年秋には、5.8インチと6.5インチの有機EL(OLED)モデルと、6.1インチの液晶モデルのiPhoneが発売されると予測されています。

このうち、液晶モデルには戦略的な価格が設定され、価格は799ドル(約87,000円)となり、OLEDモデルよりも200ドル安くなる、との予測をRosenblatt証券のアナリスト、ジュン・ザン氏が投資家向けレポートの中で発表しています。この価格設定により、iPhone6やiPhone6sユーザーによる液晶モデルへの買い替えが進む、というのがジュン氏の見立てです。同氏は、液晶モデルは約6,000万台が製造されるとして、OLED搭載2モデルの合計5,000万台(5.8インチが2,800万台、6.5インチが2,200万台)よりも人気を博する、との考えを述べています。

OLEDを液晶に変更することで50ドル(約5,400円)、フレームをステンレス製から他素材に変更することで20ドル(約2,200円)、通信用部品の材料費引き下げ、リアカメラをシングルカメラに変更、3D Touch対応の省略など、様々な製造コスト引き下げで200ドルの価格差が実現するとみられます。


ディスプレイが液晶に変わっても、iPhone Xと同様に画面上部の切り欠きは残り、画面下部には細いベゼルが設けられるだろう、とジュン氏は予測しています。画面下部のベゼルについては、液晶ディスプレイの製造上の制約の問題をクリアするためと考えられます。先日、ジャパンディスプレイが今秋発売のiPhone用に液晶パネルを大量受注した、と日本経済新聞が報じています。

Apple関連情報の正確さで定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は先日、液晶モデルに2枚のSIMカードを挿して使えるデュアルSIMモデルが用意されるとの予測を発表しています。高級スポーツカー「ポルシェ」にあたる5.8インチOLEDモデルは、現行のiPhone Xから外観上のデザイン変更はないとみられます。超高級セダン「ロールス・ロイス」に例えられる6.5インチOLEDモデルには、「iPen」と呼ばれる、Apple Pencilに相当するアクセサリに対応するとジュン氏は予測しています。ただし、「iPen」はiPhone本体には付属せず、別売になるとみられます。
http://news.livedoor.com/

アップルは2017年に発表した「iPhone X」で顔認証機能を搭載し、iPhoneの歴史に革新をもたらした。報道によると、同社は今年発表する最新モデルでまた新たな一歩を踏み出そうとしている。台湾メディア「Economic Daily News」はサプライチェーン関係筋の話として、アップルが新たに投入するデバイスに、5倍の光学ズーム機能を持つトリプルカメラを背面に搭載しようとしていると伝えた。iPhone XとiPhone 8 Plusには2倍の光学ズームレンズが搭載されていた。次期モデルにトリプルカメラが搭載されれば、アップルは競合メーカーと大きな差別化を果たすことになる。トリプルカメラはスマートフォンの写真のクオリティを、劇的に向上させるポテンシャルを持っている。アップルが自社製品にトリプルカメラを搭載するのは自然な流れといえる。報道によると同社は既存のiPhoneとは異なる6Pレンズのカメラシステムを新たに開発し、独自のイメージプロセッサと組み合わせるという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月26日 09:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp