韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国国内でのスマホ出荷台数、iPhoneは4位に転落

中国国内でのスマホ出荷台数、iPhoneは4位に転落

2018年第1四半期(1-3月)の中国国内でのスマホ全体の出荷台数は、対前年同期比で21%減少し、9,100万台だったことが調査企業Canalysの調査でわかりました。Xiaomiが売上台数を伸ばしたこともあり、AppleのiPhoneの出荷台数は4位に転落したことが明らかになりました。

2018年第1四半期、中国国内のスマホトップメーカー10社のうち、8社が対前年同期比で出荷台数の減少を記録したことがわかっています。売上を伸ばした企業のうちのひとつはXiaomiで、対前年同期比で出荷台数を37%増やし、1,200万台に達したようです。中国国内トップ4社は、Huawei、Oppo、Vivo、Xiaomiとなっており、スマホ出荷台数全体の73%を占めるに至っています。

「競争の度合いが激化したことで、すべてのベンダーが他社の製品ポートフォリオと、市場開拓戦略をまねせざるを得なくなっている」と、Canalysアナリストのモー・ジャー氏は分析しています。「しかしながら、中国ほどの大国でのマーケティングコストとチャネル管理のコストは膨大なものであり、一定サイズ以上の大きなのベンダーのみが対処することに成功している」と、同氏は付け加えています。


Canalysのデータは、調査企業Counterpoint Researchのものと相反しています。Counterpoint Researchは、中国国内のスマホ市場は8%縮小するにとどまっており、iPhoneの出荷台数は、iPhone Xが好調だったこともあり、32%増加したとの調査結果を報告しています。2018年第1四半期(Appleにとっての2018年第2四半期)のAppleの業績は、5月1日に発表が予定されており、そのとき中国でのパフォーマンスの全体像がより鮮明になるとみられています。
http://news.livedoor.com/

中国は、世界スマートフォン出荷台数の3割強を占める最大市場。米IDCの出荷台数統計(速報値)によると、昨年(2017年)1年間の中国における出荷台数は、4億4430万台で、前年から4.9%減少した。2017年のメーカー別出荷台数は、1位から、中国ファーウェイ(華為技術)、中国オッポ、中国ビーボ、中国シャオミ、米アップルの順。このうち、首位のファーウェイの出荷台数は、前年から18.6%増と大幅な伸び。2位のオッポと3位のビーボは、それぞれ、同2.7%増と0.8%減で、前年とほぼ同じ水準だった。 一方、シャオミは同32.6%増と大幅に台数を増やし、4位に浮上。これに対し、アップルは、同8.3%減少し、5位に後退した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月28日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp