韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日中が世界最速の高速列車を共同開発か、すでに日本で実車実験

日中が世界最速の高速列車を共同開発か、すでに日本で実車実験

2018年4月27日、参考消息(電子版)によると、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは26日、高速鉄道の輸出に力を入れている中国が日本と共同で世界最速の空気浮上式高速列車を開発すると報じた。

重慶晨報はこのほど、重慶理工大学の頼晨光(ライ・チェングアン)教授の話として、実車実験はすでに日本で完了していると伝えた。最高時速は500キロに達するとされ、時速430キロの上海トランスラピッド(上海リニア。磁気浮上式)を上回ることになる。 また、日本の新幹線「のぞみ」は東京〜大阪間を片道約2時間30分で結んでいるが、この新型車両が投入されれば移動時間は約1時間にまで短縮できるという。

空気浮上式高速列車の設計について、頼教授はペリカンが滑空する動きから発想を得たと明かす。独特な形状の環状翼を採用することで、安定した走行が可能になるほか、運行速度や輸送能力の向上が見込めるという。 さらに、自然エネルギーのみで駆動することから自然に優しく、コストの大幅な抑制も可能だと話している。
http://www.recordchina.co.jp/


2018年4月26日、韓国・聯合ニュースは、日本と中国が世界最速を誇る磁気浮上式列車を共同開発しているという香港メディアの報道を伝えた。 香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)の報道を引用し、日本の東北大学研究チームと中国の重慶大学研究チームなどが、運行速度時速500キロの磁気浮上式列車の開発を目標に「エアロトレイン」プロジェクトを推進していると伝えている。同プロジェクトに適用される磁気浮上式列車は、U字型の両翼を備えたデザインが特徴的と言われているそうだ。

「現在商用化された中で最速なのは上海の浦東空港と市内を結ぶ31キロ区間を8分で走破する時速430キロの磁気浮上式列車で、ドイツのシーメンス技術で製作されたもの」と説明。その上で「今回時速500キロの磁気浮上式列車の商用化に成功すれば、世界最速に躍り出ることになる」としている。日本側は2025年のエアロトレイン商用化を目指しているというが、実現すれば、現在は新幹線で2時間30分かかる東京−大阪間を1時間で行くことができるようになるとのこと。 一方の中国政府は、顧客運送は時速500キロ、貨物運送は時速250キロの高速列車を開発し、中国内はもちろんのこと「一帯一路(陸上・海上シルクロード)プロジェクト」参加国に広く普及する予定だという。現在2万2000キロの高速鉄道網を国内に備えた中国は、2020年までにこれを3万キロに拡張する方針だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月28日 09:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
リニア新幹線の方が早いですけど
[ 2018/04/29 17:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp