韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  日本の「もちロール」が大人気…喜べない“韓国のお菓子ブーム”の真実

日本の「もちロール」が大人気…喜べない“韓国のお菓子ブーム”の真実

韓国で「もちロール」が人気を博しているという。「もちロール」とは、お餅のような食感のスポンジ生地でクリームをつつんだコンビニスイーツのこと。日本の商品だ。韓国コンビ大手CUによれば、同商品の初回入荷分20万個が発売10日で完売したという。想定よりも20日も早く完売したというのだから、その人気ぶりがわかる。

そんな「もちロール」のように、韓国で人気を集める日本の商品は少なくない。スイーツやお菓子は特に多い印象で、数年前には「いちご大福」が韓国で流行した例もある。また2014年には、日本の「ポテトチップス しあわせバター」のインスパイア商品「ハニーバターチップ」が韓国で大流行し、品切れとなるほどのブームとなっている。日本の空港で、韓国人観光客向けに「ポテトチップス しあわせバター」を販売していたほどだった。ただ過去の傾向を見ると、「もちロール」が売れると判明したことで、すぐさま類似商品が出回るということも考えられる。

事実、韓国には「ポッキー」や「かっぱえびせん」など日本のお菓子の類似商品が多く、最近も韓国の製菓会社オリオンが発売した「コブッチップ」というスナック菓子に“パクリ説”が浮上した。「コブッチップ」が日本の製菓会社ヤマザキビスケットの「エアリアル」とうり二つということで、議論が巻き起こったのだ。また韓国における“お菓子ブーム”の特徴としては、ブームの周期が非常に短いということもある。

スポンサードリンク
例えば、2016年に「台湾カステラ」が大人気となったが、上陸から1年も経たずにそのブームは過ぎてしまった。韓国のとのあるテレビ番組で、“台湾カステラの真実”という暴露特集も組まれたほどだ。 「熱しやすく冷めやすい国民性が関係している」「競争激化で業界全体が駄目になる」などとその原因を指摘されることが多いが、今回の「もちロール」人気も一時的な可能性は低くないだろう。

前出の実例のように個別に見れば一過性のブームが多いものの、日本のお菓子やスイーツが定期的に韓国で人気を博していることは間違いないだろう。日本を訪れる韓国観光客が年々増加しているなかで、彼らが必ず買っていく日本の商品には、「蒟蒻畑」などさまざまな種類のお菓子がランクインしているほどだ。
http://news.livedoor.com/

2018-04-29-k001.jpg

失敗の末に成功、オリオンが8年ぶりに開発した新商品菓子(コブクチップ)。オリオンがおよそ8年取りすがった上で開発に成功したお菓子が話題だ。忍苦の努力の末にこの世に出た主人公は「コブクチップ」だ。お菓子が「4層」になっているのが特徴で亀の甲羅の形をモチーフにした。 コブクチップは2009年に開発に着手した。 しかし、技術的な問題などで2011年途中であきらめたという。だがオリオンは問題点を補完して2015年2月再挑戦に乗り出した。結局、2年をかけて最近国内初の4層お菓子を開発するのに成功した。オリオンは製品のテストだけで2,000回程度実施したという。オリオンは「コブクチップは60年のオリオンの歴史で研究・開発に最も多く真心を込めた製品」だと語った。 オリオン関係者は日本に似ている製品があるのは知っていたという。その日本の製品と製造生産過程が違うと他のメディアで回答している。 他にも盛沢山あるようだ。韓国のパクリ菓子…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月29日 08:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
菓子も苺もパクられその損害額は莫大なもの 餅ロールもヤバい!パクり品勝手に輸出し始めるかも、韓国には要注意!
[ 2018/04/29 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp