韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌五輪閉幕から1カ月、「撤去の嵐」で閑散とする開催地

平昌五輪閉幕から1カ月、「撤去の嵐」で閑散とする開催地

すっかり春の陽気となった18日、江原道平昌の五輪スタジアムは大忙しだった。作業員70?80人がスタジアムの座席や本部席の屋根の解体作業をしている中、ドリルを付けた重機がコンクリートを砕く「タッタッタッタッ」という音や、大型クレーンが動く音ばかりが響く。3万5000ある移動式の座席は既にスタジアムと完全に切り離されてあちこちに積まれていた。中央のステージも木の床が消え、格子状の枠組みがあらわになっていた。大関嶺の強く冷たい風を遮ってくれた五角形スタジアムの防風設備(ポリカーボネート製)はもう撤去されていて、なくなっていた。世界中の注目を集めた平昌冬季五輪・パラリンピックが終わって1カ月で、開会式・閉会式の会場は巨大な鉄骨構造物のみになり、まるで骨だけ残った魚のようになっていた。

五輪の授賞式が行われたメダル・プラザや各競技場、大型テントといった施設の近くには、どこも工事機器や作業員たちが多く見られた。クロスカントリーやバイアスロンが行われたアルペンセンター、スキージャンプセンターも放送用簡易タワーや臨時スタンドなどが撤去されていた。スケート競技が行われた江陵の各競技場の外壁の覆い、テントや装飾もすべて取り除かれた。組織委員会のソン・チャンファン施設局長は「18日までの五輪工程率は開会式・閉会式会場で93.5%、その他の施設では90%前後だ」と語った。五輪工程率は、開幕前の準備から閉幕後の撤去・復元までをすべて合わせて100%として計算する。開会式・閉会式会場の五輪開幕時の進行状況が91.4%だったので、撤去チームの五輪は大会閉幕後から始まったということになる。開会式・閉会式会場が完全に解体されるのは6月ごろになると予想される。工程率はもともとあった陸上トラック・人工芝サッカー場が復元される11月に100%に達し、それをもって五輪が完全に終わるのだ。


地元住民の生活はすっかり五輪前の状態に戻った。平昌郡大関嶺面横渓で暮らすシム・ジハンさん(24)は「五輪のころと比べると人が大幅に減ったが、これで五輪前の観光オフシーズンと同じくらいだ。これが普段の姿だと考えていい」と言った。彼の言葉通り、18日の横渓は「観光オフシーズン」であることを実感した。歩道を歩く人よりも道路を行き来する工事用大型トラックの方が多かったし、五輪時には数が足りなくて乗れなかったタクシーが駅前に4?5台並んで待っていたからだ。バス停のベンチにある五輪マスコット「スホラン」のオブジェや、英語が併記された看板などがなければ、1カ月前に五輪が開催されていた場所だとは気付かないほどだ。

地元住民たちは「五輪開催都市」という誇りを持っていたが、1カ月が過ぎて不安を訴え始めている。大関嶺面商人連合会のキム・ゴンホ会長は「五輪開催前と何も変わっていない。五輪開催都市になったからと言って、五輪の遺産として残っているものが何1つない。観光客が来ても何を見ろと言えばいいのか。地元住民の中には五輪後の備えが不十分だと感じている人が多い」と言った。
http://news.livedoor.com/

「ドーム型スタジアムにしなかった理由は、五輪終了後に観客席を撤去する際、屋根がないほうが工事費がかからないから。平昌五輪につぎ込んだ総費用は1兆3000億円を超えるとされる。少しでも節約するため、過去の冬季五輪と比べると開会式そのものも簡素だった」 と在京スポーツ紙デスクは話す。競技場だけではない。2018年2月22日、韓国では平昌五輪に向け、生態保存地域である江原道旌善に位置する加里王山に滑降競技場が建設されたが、競技場の下にあるホテルはいまだ工事中で使用不可となっている。そのため「貴重な生態環境を破壊しただけではないか」と非難が出ているという。韓国・KBSが報じている。 これらのホテルはどうなるのか…。韓国と言うのは何の考えもなしに建築工事する。あとで取り壊す羽目になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月29日 08:32 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
モルゲッセヨ像はどうなりましたかね?
[ 2018/04/29 15:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp