韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  Appleの中国でのスマホの出荷台数、iPhone Xの好調で32%増加

Appleの中国でのスマホの出荷台数、iPhone Xの好調で32%増加

2018年第1四半期(1-3月)中国国内でのスマホの出荷台数は、対前年同期比で8%減少したにも関わらず、AppleはiPhone Xの好調で32%売上台数を伸ばしたと、調査企業Counterpoint Researchが報告しています。調査企業Canalysは、2018年第1四半期の中国国内でのスマホの出荷台数は、21%減少し、9,100万台に落ち着いたの調査結果を発表しています。また、Xiaomiが大きく売上を伸ばしたことで、Appleのスマホの出荷台数は中国国内で5位に転落したと報告しています。

Counterpoint Researchも同じく、2018年第1四半期の中国でのスマホ出荷台数は1億台を切ったと報告していますが、スマホの出荷台数は8%減少するにとどまったとしています。同社の調査結果がCanalysと最も異なるのは、Appleの中国でのパフォーマンスについての記載です。Counterpoint Researchは、iPhone Xの好調もあって、Appleは中国で勢いを取り戻しており、iPhoneの出荷台数は32%伸びたと結論づけています。AppleはXiaomiには負けておらず、中国でのスマホ出荷台数シェア4位を維持しているとの調査結果を発表しています。

特にiPhone Xについては、「携帯電話キャリア以外の宣伝はほとんど行なわれなかったにも関わらず、健全な需要が保たれた」と、肯定的なコメントが述べられています。

スポンサードリンク
中国国内で西洋企業が切り込んでいくのが非常に難しいと言われる中、Appleはユーザーベースをしっかりと保持しているようです。「2015年第1四半期以来、(2018年第1四半期は)初めて対前年同期比で成長に転じており、古い世代のiPhoneユーザーが買い替えを行なっているのがわかる」と、Counterpoint Research副主任のタルン・パタック氏は述べています。
http://news.livedoor.com/

iPhone Xを分解し、使用されている部品類の販売価格から、iPhone Xの製造原価は357.50ドルだろう、とテクノロジー情報サービス企業のTechInsightsの分析をもとにReutersが報じている。iPhone Xの64GBモデルのアメリカでの販売価格が999ドル(日本では112,800円)であることから、販売価格から部品価格を差し引いた利益率は64%に相当すると考えられる。販売価格から部品コストを差し引いた利益の割合で比較すると、iPhone8の59%と比べて、iPhone Xの利益率がやや高い計算となる。 ただし、ここでいう製造原価は、使われている部品の価格を足し上げたものであり、研究開発費、広告宣伝費、流通などに発生する費用が考慮されていないことには注意が必要だ。 iPhone Xについて、Appleの最高デザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏は「5年前から開発を始めていた」と語っており、研究開発には膨大な費用が投じられていると考えられる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月29日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp