韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「Windows 10」の最新大型アップデート「April 2018 Update」を4月30日提供開始

「Windows 10」の最新大型アップデート「April 2018 Update」を4月30日提供開始

Microsoftは27日(現地時間)、パソコン(PC)など向けOS「Windows 10」の最新メジャーアップデート「Windows 10 April 2018 Update」(以下、April 2018 Update)を2018年4月30日(月)に提供開始すると発表しています。順次配信されるほか、手動でアップデートするツール「Windows 10 更新アシスタント」にて更新可能。

April 2018 Updateは開発コード名「Redstone 4(RS4)」(バージョン1803)としてこれまで開発者など向けに先行して「Windows Insider Program」でベータ版などが提供されてきましたが、いよいよ正式版がリリースされます。

新たに新機能「タイムライン」や「集中モード」などが追加されるほか、常時接続「Always Connected PC」への対応の拡充、さらに日本向けに新しい元号に向けた対応や文字入力アプリ「Microsoft IME」の予測入力機能の強化などが実施されています。

Windows 10では常時アップデートを行って機能追加や改善などを実施するようになっていますが、その中でも大型アップデートと呼ばれる区切りを用意しており、これまでに最初のバージョン「1507」(開発コード名;Threshold 1)の後に4回大型アップデートが実施され、今回のApril 2018 Updateで5回目となります。


音声アシスタント機能「Cortana(コルタナ)」を使えば、音声だけでPCから直接スマート ホームを管理することができ、仕事で疲れた日に暖かい家に帰りたいと思ったら「コルタナさん、リビングの温度を22度に設定して」と言うだけでNestなどの対応するエアコンを制御できます。その他、以前の「モバイルプラン」を「モバイル通信プラン」へとアップデートし、モバイルプランではデータプランの決済が「Microsoft Store」だったのに対し、モバイル通信プランでは通信事業者が提供するサービスで決済するように変更されています。
http://news.livedoor.com/

アップデートは4月30日に提供が開始される。ただし、この日にアップデートを取得するのは一部のユーザーだ。アップデートは段階的に提供される。自動更新が有効になっている場合は、更新が利用可能になったときに通知される。通知をオフにして作業に集中できるようにする「Focus Assist」(集中モード)という機能が追加された。1年前に発表された「Timeline」(タイムライン)機能も追加されている。これまでに実行したアクティビティの履歴を表示し、ファイルやアプリ、ウェブサイトに素早く戻れるカードを提供する機能だ。また、プライバシー、セキュリティ、通知などについて、設定にいくつかの主要な変更が加えられる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月30日 09:00 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp