韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  売れてるSIMフリースマホは? 2018年1Qは「P10 lite」が圧倒

売れてるSIMフリースマホは? 2018年1Qは「P10 lite」が圧倒

SIMフリースマートフォン(SIMフリースマホ)市場の成長に伴い、ファーウェイの「P」シリーズやASUSの「ZenFone」シリーズなどの定番モデルの認知が拡大してきた。

アップルの「iPhone」のように売れ行きの注目度も高まっている。全国の家電量販店やネットショップから実売データを集計している「BCNランキング」によると、2018年1Q(1月~3月)の機種別の販売台数ランキングのトップは、ファーウェイの「P10 lite(WAS-L22J)」だった。

「P10 lite」は17年6月発売ながら、リリースから1年近く経った現在でも根強い人気を誇っている。1月のシェアは21.9%、2月は32.0%、3月は30.0%と高水準で推移。ほかの機種を大差で引き離している。2月5日~2月11日の週次の販売台数では、SIMフリーながら「iPhone 8 64GB(NTT docomo)」を抜き、スマートフォン全体で3位を獲得している。

「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
http://news.livedoor.com/


HUAWEI P10 liteの液晶サイズは5.2インチ。本体サイズは146.5×72×7.2ミリ、重さは約146グラムとなっている。画面サイズは最近のモデルとしてはコンパクト。横方向の額縁が比較的細く、また程々に薄いためにとても持ちやすくなっている。最近は5.5インチ液晶の大画面モデルも流行っているが、「それでは大きすぎる」と感じている人にもおすすめ。HUAWEI P10 liteの価格は2万円台後半です。位置づけとしては「やや高めの格安モデル」と考えてもよいでしょう。格安スマホの人気モデルは2万5000円程度なので、それに比べるとちょっと高いのです。しかし、本体の質感は中・高級モデルにも劣らない。

正面はガラスで「2.5D曲面ガラス」と呼ばれるタイプです。このガラスは、角(カド)の部分がアールを描いていて見た目に美しく、滑らかに操作できるのが特徴。ただ最近は、手ごろな価格のスマホでも2.5D曲面ガラスを採用するモデルが増えているので、これだけなら目立つ特徴とは言えない。驚くのは、背面まで2.5D曲面ガラスを採用していることで、両面に同じ仕上げのガラスを採用することで外観がとても美しくなり、また剛性感も文句なし。CPUは、Huawei Kirin658 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)です。ベンチマークを計測すると、性能は程々といったことろ。普段使っていて遅く感じることはまずない。一部のヘビーなゲーム以外は快適に利用できる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月30日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp