韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「朝米会談、平壌も考慮」…板門店も最終候補

「朝米会談、平壌も考慮」…板門店も最終候補

ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、今月開かれる史上初の朝米首脳会談の開催地として、板門店(パンムンジョム)と平壌(ピョンヤン)をめぐり大詰めの交渉を行っているという。

朝米首脳会談の消息に詳しいあるワシントンの消息筋は30日(現地時間)、「米国は現在板門店を、北朝鮮は平壌を会談場所として主張している」と話した。同消息筋は「トランプ大統領が数日前、朝米会談の場所が2カ所に絞られたとは言ったが、その発言が出る2週間前からすでに朝米が板門店と平壌をめぐって協議中だった」と話した。米国のマスコミはこれまでシンガポールとモンゴルなどを有力候補地として取り上げたが、板門店を除いた「第3国」はかなり前から事実上候補リストから除外されていたということだ。

このような中、トランプ大統領は公開的に板門店を推している。同日朝、ツイッターに「平和の家・自由の家が第3国より象徴性があり、重要であり、永続的ではないだろうか? ただ聞いてみただけだ」という書き込みを残した。さらに、ホワイトハウスで開かれナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領との共同記者会見でも、「非武装地帯(DMZ)での会談開催の可能性」に対する質問に「ある人たちはそれを嫌い、ある人は好む。しかし、(そこには)私の好む何かがある。もしうまく行けば、その場所で(首脳会談を開くことは)第3国での開催より非常に記念すべきことになるだろう」と述べた。


しかし、匿名希望のこの消息筋は、トランプ大統領が会談場所として板門店を強く推していることについて「(平壌開催を主張する)北朝鮮に非核化と関連した譲歩をさらに引き出すための交渉戦略」だと分析した。 これと関連し、ホワイトハウスのジョン・ボルトン国家安保補佐官は29日、「フォックスニュース」に出演し、「金正恩がすべての核兵器計画を放棄する戦略的決断を下したなら、場所や日付を決定するのはかなり容易だと思う」と述べた。トランプ大統領の平壌訪問による米国内の批判を相殺するため、北朝鮮が「非核化の期限や範囲」などと関連して譲歩するなら、平壌開催も受け入れられることを示唆したものと見られる。
http://japan.hani.co.kr/

ドナルド・トランプ米大統領が平壌を選択すれば、1972年のニクソン元大統領の北京訪問に匹敵する劇的な歴史的効果を考慮した可能性もある。ニクソン大統領が、鋭く対立している冷戦期に文化大革命が行われていた中国の首都北京を訪問し、毛沢東主席と劇的な米中和解を果たすことで、冷戦の軸を揺さぶったように、トランプ大統領がこの前まで核・ミサイルをめぐり攻防を繰り広げた北朝鮮の首都平壌を訪問し、金正恩国務委員長に会うことは、まさに世界史的事件といえる。

板門店カードも依然として有効だ。板門店は先月28日、文在寅大統領とトランプ大統領間が電話会談で、朝米会談場所として話し合った2~3ヵ所の候補の一つだ。板門店は破格の面では平壌に劣るかもしれないが、象徴性においては決して引けを取らない。南北分断の象徴だった板門店は、先月27日の南北首脳会談を機に、非核化と平和の象徴として生まれ変わった。大統領府関係者は1日「分断を乗り越え、新たな平和への道しるべを立てる場所として、板門店にはかなりの意味がある」と話している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月02日 08:34 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp