韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「継続成長」への決め手がないアップルの悩み

「継続成長」への決め手がないアップルの悩み

5月1日に発表したアップルの2018年度第2四半期(1~3月期)の決算は、アナリストなどの市場予測を上回り、売り上げ、営業利益ともに第2四半期としては過去最高を記録した。好調決算の背景にはウエアラブル製品(Apple Watch)の伸びやApple Musicなどサービス事業の好調もあるが、主事業であるハードウエア、とりわけiPhoneの好調がもっとも大きな要因だ。

もともとの市場予測では、サービス事業やウエアラブル製品の売り上げが伸びるものの、収益全体に占める割合が多いiPhoneは苦戦するとみられていた。新たな軸での進化を狙ったiPhone Xが新しい製品に素早く食いつくアーリーアダプター層への普及が一巡した後に伸び悩むことで、全体としては厳しい決算になるとみられていた。しかし、予想通りにサービス事業やウエアラブル製品の売り上げが伸長する一方、苦戦が予想されていたiPhone Xも好調だった。ティム・クックCEOの説明によると発売以降、すべての週においてもっとも売れたiPhoneとなったという。

高価なiPhone Xは発売直後こそ注目を集めたものの、アーリーアダプター層に一巡した後、販売比率が下がるとの予想が優勢だったが、良い意味でそうした悲観的な期待を裏切った。総販売台数そのものも伸びているが、加えてより高付加価値の高いiPhone X比率が下がらなかったことで、前年比でiPhone全体の平均単価も上がった。


iPhone事業への懸念が広がっていた理由は、買い替えサイクルの長期化に加え、中国においてOPPOやVIVOといった高付加価値線を狙ったライバルとの衝突が発生しているためだった。しかし、この点においても「中国と日本で約20%成長した」(クックCEO)としており、懸念を払拭する決算だったと言える。 iPhone Xの投入は、アップルの全売り上げのうち62%を占めるiPhoneシリーズ全体の平均単価を高めるとともに、日本のようにiPhone比率が極めて高い市場における買い替え需要を喚起し、ここ数年は苦戦が続いていた中国市場へのカンフル剤にもなった。

ただし、筆者は継続的な成長に向けた決め手には欠けていると考えている。iPhone向け部品への依存度が高い日本企業への影響に関しては慎重な評価が必要になりそうだ。今後さらに伸びていくかと言えば、市場開拓の余地が大きいわけではない。さまざまな制約の中でも進化を続けてきたiPhoneシリーズに対し、1つの飛躍ともいえる新たなステップとなったiPhone Xの成功によってハードウエアの”可能性”を広げてたが、過度の期待は禁物だ。特に、今回の”iPhone好調”によって部品メーカーなどの業績も好調なのではないか、と結びつけるのは危険だ。
(略)
http://news.livedoor.com/

iPhone登場前、スマートフォンは、かっこ悪いデバイスだった。キーボードとスクリーンが半分ずつを占めていた。携帯電話は、PC版のウェブサイトを表示できなかったので、企業は貧弱なモバイル向けサイトを作らざるを得なかった。 iPhoneはすべてを変えた。だが、我々が今日楽しんでいる「スマホ体験」は、一晩でできたわけではない。アップルは何年もかけて機能を追加してきた。今日のスマホと比べると、初代iPhoneはもはや前時代の産物だ。 タッチスクリーンと洗練されたデザイン以上に、現代のスマホの決め手となるのがアプリだ。信じられないことに、アップルが初代iPhoneを発売した時、App Storeはなかった。後にApp Storeは、スマホの機能を拡張するための基盤となった。

通知機能も、Siriも、コントロールセンターもなかった。こういった複雑で、絶妙な機能が実装されたのは比較的最近のことだ。初代iPhoneの登場以降、アップルが追加した機能がどれほどスゴイものだったのか、改めて思い知らされる。テクノロジーの成熟には時間がかかるということだ。発表された時、皆を驚かせたiPhoneも、ここまで来るのに長い時間が必要だった。この次、お気に入りのテック企業が新製品を発表したら、特にその新製品が、初代iPhoneのように新しいカテゴリーを切り開くものだとしたら、少し余裕を与えてほしい。新製品のコンセプトが正しいとしても、最初の製品は出発点に過ぎない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月03日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp