韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタ カローラハッチバック 新型、歩行者と自転車が検知可能に

トヨタ カローラハッチバック 新型、歩行者と自転車が検知可能に

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は、8月に米国市場に投入する新型『カローラ・ハッチバック』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。新型カローラ・ハッチバックは、従来の『カローラiM』の後継モデル。新型カローラ・ハッチバックは、新型『オーリス』の米国版として、8月に発売される予定。日本市場にも導入される。

新型カローラ・ハッチバックは、従来の機能のレベルアップと新機能の導入を図った第2世代の予防安全パッケージ、「トヨタ・セーフティ・センス」を、北米で初めて標準装備。第2世代のトヨタ・セーフティ・センスでは、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」が、車両に加えて、昼間と夜間の歩行者検知と、昼間の自転車検知が行えるようになった。

また、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール」(全車速追従機能付き)は、レーダークルーズコントロール作動時に、車線維持に必要な運転操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト」(LTA)が可能になった。さらに、カメラが認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示することで、道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト」(RSA)も装備された。


さらに、車線逸脱による事故予防に貢献するステアリング制御機能付き「レーンディパーチャーアラート」(LDA)、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム」(AHB)は、第1世代のトヨタ・セーフティ・センスに引き続いて搭載する、としている。
http://news.livedoor.com/

衝突被害軽減ブレーキの性能が向上し、歩行者や自転車を検知する機能も持つようになってきているが、その次に求められるのが「自転車や人の飛び出しへの対応」だろう。現在普及している衝突被害軽減ブレーキは、ドライバーのうっかり(不注意)をカバーして自動にブレーキをかけるシステムで、見えないところから飛び出してきた自転車や人には対応しきれないとされている。ボッシュの電気式ブレーキブースター「iBooster」は、負圧を必要とせずに電気信号で制動力を立ち上げるシステムで、瞬時にしてブレーキ力を倍加できる機能を持っている。

このシステムをより進化させれば、自転車の飛び出しなどにも対応して瞬時にブレーキを作動させ、ボッシュによると190mm/秒の早さでフルブレーキングできるという。この早さはまばたき2回分より短い時間であり、自転車の飛び出しにも十分対応できるとのことだ。自転車の検知機能を持つ衝突被害軽減ブレーキはボルボとスバルがすでに実用化しているが、ボッシュのこの新しい機能は飛び出しにも対応するという。リアルワールドでどこまで機能を果たしてくれるのか興味深いところだが、こうした機能をアピールする背景にはドイツでの対自転車事故の多さがある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月03日 09:17 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp