韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「低価格の日本」「高品質の中国」、韓国の輸出を襲う新たな脅威

「低価格の日本」「高品質の中国」、韓国の輸出を襲う新たな脅威

18か月連続で増加していた韓国の輸出が「4月ショック」に襲われた。韓国の製造業の競争力が低下しているところに、急激なウォン高が決定的な打撃を与えた格好だ。これまで韓国製の製品は中国製と比べると価格は高いが品質は良く、日本製と比べると品質はかなわないが価格面では競争力があった。ところが中国が技術開発によって品質を高め、日本は円安によって価格競争力を高めており、韓国の輸出に陰りが見え始めてきたのだ。韓国産業研究院動向分析室のミン・ソンファン室長は「半導体は依然として世界で圧倒的な競争力を誇っているが、それを除けばほとんどの分野が中国と先進国の間で押し潰されている」と説明した。

さらに、韓国政府は今年3月、米国に対し「外国為替市場の透明性を高め、為替への介入情報を公開する」と約束した。専門家らは「2-3年以内に1ドル=900ウォン台の『為替のニューノーマル(新たな常態)』時代が訪れる可能性が高い。製品の競争力を確保しなければ、輸出が壊滅する恐れがある」と懸念する。

輸出不振に陥っているのは自動車、携帯電話、家電、ディスプレー、船舶などで、半導体を除く韓国の代表的な輸出産業が全て含まれている。韓国の自動車メーカーを代表する現代自動車は2011年、トヨタのリコール騒動によって米国で日本車の販売が急減したときに、コストパフォーマンスの良い車として日本車に代わって注目を集め、販売台数が急増した。しかし最近では円安とウォン高の同時進行により、価格競争力が低下している。現代自の幹部関係者は「トヨタのカムリは円安のおかげで値上げを最低限に抑えたまま高級仕様で売り出している」「一方の現代ソナタはウォン高のせいで価格調整と販売促進が制限され、競争が徐々に厳しくなっている」と話した。実際、米国でソナタとカムリの価格は1445ドル(約16万円)しか違わない。現代・起亜自は今年の第1四半期(1-3月期)、米国での販売台数が前年同期比7.0%減だったのに対し、トヨタは同7.4%増だった。


携帯電話、家電、ディスプレーも先月の輸出がそれぞれ40%、20%、16%減少した。原因は中国製の攻勢とウォン高だ。とりわけ最近の石油価格の上昇で回復が期待されていた造船業は、ウォン高が原因で受注が苦戦し、生存基盤すら失うのではないかとの懸念も出ている。ウォン高で発生する為替差損に伴う収益性の悪化も深刻だ。LG化学は第1四半期、過去最大の売り上げを記録したが、営業利益(6508億ウォン=約650億円)は18%減少した。為替変動だけで800億ウォン(約80億円)もの損害が発生したという。サムスン電子は最近提出した2017年の監査報告書で「ウォンの対ドル為替相場が5%上昇すれば、外貨金融資産の価値は2781億4000万ウォン(約278億円)減少する」と明らかにした。
http://www.chosunonline.com/

中央日報は、輸出についた「赤信号」が尋常でない。急激なウォン高で「韓国産」が高くなっているからだ。国外の伏兵であるため扱いが難しく、大きな悩みとなっていると報じた。 サムスン電機は7兆ウォン(約7800億円)以上の売上高の92%が海外で生じる代表的な輸出企業だ。ところが最近、名誉退職を実施し、業界に波紋が広がった。主犯は「円安」だった。日本政府の大々的な金融緩和で円安ウォン高が進んだ。このため日本企業に対して劣勢となり、昨年の輸出が1兆1500億ウォンも減った。暁星(ヒョソン)も売上高の73%が海外で生じる。昨年の売上高は突然3%以上も減少した。会社の関係者は「輸出量が多いためウォン高の悩みが深まるしかない」と述べている。

量が減るだけではない。採算性も悪化している。国際貿易研究院は「稼いだお金で利子も返せない」輸出企業が昨年、全体の38%にのぼった。売上高のうち輸出が半分以上を占める製造業159社を調査した結果だ。さらに大きな問題はこうした企業が増えている点だと指摘する。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月03日 17:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp