韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  お金のためならそこまで!?韓国大学生の“苦々しい”現実が明らかに

お金のためならそこまで!?韓国大学生の“苦々しい”現実が明らかに

2018年4月24日、韓国・ニューシスによると、韓国の大学生の半数以上が「大金をもらえるなら刑務所生活も受け入れる」との考えを持っていることが分かった。 韓国の法律消費者連盟が大学生3656人を対象に行った法意識調査の結果によると、「10億ウォン(約1億円)をもらえれば1年ほど刑務所で生活できるか」との質問に対し、51.39%(1879人)が「同意する」と回答した。

また、調査では「法の公正性」に対する不信感が強いことも分かった。「金と権力があれば罪が消え、なければ罪を着せられる」という意味の「有銭無罪、無銭有罪」「有権無罪、無権有罪」には85.64%(3131人)が同意。同意しない大学生は12.99%(475人)に過ぎなかった。 記事はこの結果を「苦々しい社会の世相」と伝えているが、韓国のネットユーザーからは「たった1年でいいの?」「10億ウォンなら絶対(刑務所に)行く」「5年でもいい」「実際に募集したら人が殺到するだろう」など共感する声が多数寄せられている。中には「大学生以外でも結果は同じ」「大学生だからまだ現実を分かっていないようだ。30代以上を対象にしたら80%以上が同意する」との声まで。

また、「前払いしてくれるなら行く」「条件は前払い。この国は信じられないからね」と用心深い声のほか、「韓国の裁判所はせめて、国民が納得できる判決を下してほしい」と訴える声、「サムスンと法曹人が作り上げた韓国社会の構造のせい」と分析する声も上がっている。
http://www.recordchina.co.jp/


韓国では家計や企業の借金が増え続け、個人破産や企業の倒産が頻繁に起きています。借金がさらなる借金を生み、さらなる信用不安に結びついているという悪循環も指摘されています。韓国の政府、企業、家計の債務は、国内総生産や平均世帯収入を上回る早いスピードで増加しているため、これが金融破綻の引き金になるのではないかと懸念されている。

一方の韓国では、世界で最も熾烈と言われる受験競争を勝ち抜き、ソウル大学、高麗大学、延世大学と呼ばれるトップ大学を卒業しても、就職できない学生数が増え続けている。統計によると、2015年2月時点における15歳~29歳までの青年失業率は11%を超え、1999年以降最悪の失業率を記録しているが、実際に肌で感じる体感失業率は更に高く、4年制大学を卒業した学生の4割が就職できていないという報告もる。この背景には第一に、深刻な不況で採用数を大幅に減らす企業の苦しい現実があり、その他にも、一流の財閥系大企業にこだわる学生側の意識の問題、60歳定年制度の導入による弊害…など、様々な要素が絡み合っている。現在ではさらに悪化し厳しい状態となっている。

韓国経済危機の要因の最後として、「新サンドイッチ現象」について触れておきます。この言葉は、中国との技術格差がますます縮小し、円安により日本の価格競争力が高まる中、韓国の製造業は日本と中国に挟まれた苦しいサンドイッチ状態にある。サムスン依存が高まり、さらなる競争激化が、大学卒業でも苦しい状態と作り上げ、中小企業雇用率9割近い国が一握りの場所を求めて就職合戦を繰り広げるようでは、すでに限界点と言える。次第にが海外に出る若者が増えて、自国は衰える一方となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月04日 09:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
人口余剰
IT大国の韓国だから、世相の隅々が見えるのか。
これはどこの国も同じはず。
基準を下に置いて、上を見るか、基準を上において
下を見るか。
基準を下に置くと、あまりにも惨めでメディアが
とりあげる話題にならない。

韓国は余剰人口が多いようだ。なので、こういう話が
記事になる。それでもって南北統一すればどうなるのか。
単純に足して2で割る話ではないだろう。
とにかく、日本は関わらないほうがいい
[ 2018/05/04 13:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp