韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日中両国が、世の中を変えるかもしれない列車の開発に向けて協力

日中両国が、世の中を変えるかもしれない列車の開発に向けて協力

中国メディア・東方網は1日、高速鉄道の受注競争を繰り広げている日本と中国が、世界最高速の新型列車の研究開発で協力しているとする、香港メディアの報道を伝えた。 記事は「周知のとおり、高速鉄道の成功は今の中国を象徴するトピックの1つと言える。初めての自主開発高速列車『復興号』の実用化に成功した現在、いかにして高速鉄道と人工知能を融合させ、乗車体験を向上させるかという研究が進んでいる」とした。

そのうえで、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが先日、日中両国が時速400-500キロメートルに達する高速浮上走行列車エアロトレインの研究開発で協力していると報じたことを紹介している。 記事は、エアロトレインの研究開発に関わっている重慶理工大学の頼晨光教授が「エアロトレインの第1世代、第2世代プロトタイプと、実車走行試験はすでに日本で完了している。日本は2025年に世界発のエアロトレインを開通させる計画だ」と語ったことを伝えた。

そのうえで、この高速列車開発計画が成功すれば、現在新幹線で2時間30分かかっている東京-大阪間がわずか1時間で結ばれるようになると紹介。また、空気の力で浮いて走行するエアロトレインは自然エネルギーを最大限利用し、従来の高速鉄道やリニアモーターカーよりも同じ速度で走行した際のエネルギー消耗が少ないとし、「世界の交通システムに変革をもたらす可能性も秘めているとの分析もある」と説明した。
http://news.searchina.net/


鉄道の浮上走行は、従来の鉄輪式鉄道の高速化に伴い発生する粘着限界や自然浮上による摩擦抗力の低減の解消で更なる高速化を目指すために生まれた概念である。実用化に最も近い浮上式鉄道は、磁場を用いて浮上する磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)であるが、最高時速603km/hを記録する一方で浮上・推進に大電力を消費するため、環境負荷が大きい。一方でエアロトレインは、航空技術を鉄道に取り入れたもので、超低空での空気抵抗による地面効果を用いて効率的に揚力を得ることで軌道内での高速飛行の実現を目指している。新幹線よりも高速且つ環境負荷の低い輸送手段として日本国内で研究開発が進められ、2020年までに定員350人、時速500kmで浮上走行する有人機体の完成を目標としている。

1999年、宮崎県日向市にある財団法人鉄道総合技術研究所所有のリニア実験線「浮上式鉄道宮崎実験センター」の跡地にて走行実験が開始され、2006年、ダクテッドファンによって推進する試作機の有人走行に成功した。2010年2月、機体素材としてアルミニウムの代わりに、新素材として注目された難燃性マグネシウム合金を用いた幅3.3メートル、長さ8.5メートルの2人乗りの最新機体を開発。機体重量もアルミ機よりも4割の削減に成功し、その後、エアロトレインの安定浮上走行のため、機体に水平や壁への距離などを知らせるセンサーを設置、その情報で機体の翼を常に自動的に微調整し動かす自動制御装置が完成し、2010年9月9日、エアロトレイン3号機無人走行実験、安定走行に成功し、劇的に機体の安定飛行が改善された。

2011年5月、上海で開催された『2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation』において、エアロトレインのスケールモデルを発表した。2011年6月22日、ART003号機による有人浮上走行実験に成功した。エアロトレイン3号機(ART003)は難燃性マグネシウム合金製で機体重量400kg(総重量520㎏)、最高速度200km/h。2人乗りで35kCal/人/kmを実証し、これは新幹線の半分以下、リニアモーターカーの1/5以下の燃料消費量となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月05日 09:11 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp