韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相「韓日通貨スワップの再開、韓銀総裁と同じ考え」

韓国経済副首相「韓日通貨スワップの再開、韓銀総裁と同じ考え」

韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官が、韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁の韓日通貨スワップ再開の可能性に対する発言について「李総裁と話を交わしたが、私も同じ考えだ」と明らかにした。

金長官は8日午後、ソウル江南(カンナム)の革新創業団地「TIPSTOWN」を訪問した後、記者団に対してこのように述べた。金長官は「日本と中国が通貨スワップを再開するという報道があるが、韓国と日本の間の通貨スワップも李総裁の言葉のように雰囲気が熟そうとしている過程なのではないかと思う」と述べた。

韓日は2001年に初めて通貨スワップを締結してから延長を継続してきたが、独島(ドクト、日本名・竹島)問題など外交葛藤によって2015年2月に延長なく契約が満了した。両国は2016年8月に再開交渉を始めると宣言したが、昨年1月に釜山(プサン)日本総領事館前の少女像設置を理由に日本が交渉中断を一方的に宣言した。

これに先立ち、4日、李総裁は「韓日通貨スワップは、政治的理由で延長されず、協議も充分にできなかった」とし「通貨スワップは中央銀行が経済協力レベルで接近しようというのが我々の一貫した立場で、そのように努力していくつもり」と述べた。
http://japanese.joins.com/


韓国銀行と企画財政部によると、15年に中止された日韓通貨スワップに対する日韓政府の再開の要請は現在までにないという。一時700億ドルに達した日韓通貨スワップは両国の外交関係悪化により終了。以降再開議論が出るも、釜山・日本総領事館前の慰安婦像設置問題などから昨年初めに中断された。 ある韓国政府関係者は「昨年初めに日本が通貨スワップ議論を中止したが、いまだに日本政府から再開の要請がない。日本が話を切り出さない状況の中で韓国政府が先に要求するのも変ではないか」と話しており、別の関係者は「再開するという前提の下、金額は700億ドルに及ばないのではないか」と見込んでいるとのこと。

また、韓国政府関係者の「カナダやスイスとも通貨スワップを締結し、北朝鮮の核問題が解決に向けた糸口をつかみつつある状況の中、あえて日本と通貨スワップを締結すべきなのか分からない。韓国銀行の方針は『通貨スワップは多ければ多いほどいい』という原論的立場として考えられる」との話を挙げ、「日韓通貨スワップを結ぶ必要性を感じないという分析が多い」とも伝えている。 何とも韓国側から勝手に日韓スワップを延長せずに中国に寄り添ったわけで、勝手な御託を並べている。現実それだけ韓国通貨危機の可能性が高まったという事だろう。韓国の外貨準備高の流動性のある資金は、わずかと言われている。従って現実では米国或いは日本とスワップを結ばない限り、対応策は無いのも事実。 とはいえ日本政府は勝手な韓国に従う必要はない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月09日 15:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp