韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮が韓国に「電力支援」を切望する事情

北朝鮮が韓国に「電力支援」を切望する事情

南北首脳会談が行われた4月27日、板門店内の「徒歩橋」で2人の首脳がサシで向かい合った。2人が何を話したのか、その内容は一言も聞こえてはこなかった。さらに両首脳は、そこから板門店内「平和の家」へ戻った直後にも10分以上対話したという。過去2回の首脳会談では、首脳同士が同伴者なしで長時間対話したことはなかった。

実は、両首脳が散策を終えて平和の家に戻る道すがら、その様子を映したテレビカメラを通じて「発電所問題……」と聞こえてきたシーンがあった。非核化の話をした後、北朝鮮の電力問題について議論したのではと見られている。発電所建設など電力問題は、北朝鮮が毎回非核化の代償として要求してきた事案だ。1994年、ジュネーブでの「枠組み合意」では北朝鮮に軽水炉を提供するとの合意がなされた。2002年に北朝鮮の核開発疑惑が再燃して軽水炉支援が中断された。2005年に北朝鮮の核問題を協議する6者協議で9.19共同声明が発表された際、韓国から200万キロワットの電力を送電する、いわゆる「重大提案」が北朝鮮に示された。

北朝鮮にとって、電力供給の改善は焦眉の課題である。現在、北朝鮮の電力難は慢性的で深刻なレベルだ。2016年基準で、北朝鮮の発電設備使用量(すべての発電所を1時間完全に稼働した場合の電力生産能力の合計)は766万キロワットで、韓国の1億0586万キロワットと比べると7.2%にすぎない。

スポンサードリンク
総発電量は239億キロワット時で、韓国の5404億キロワット時の4.4%だ。北朝鮮の送配電損失率は20%以上とされている。発電所で100の電気を生産しても、変圧器や送配電線を経て使用する場所に送られるまでに20%以上が消えてしまうことになる。地上の工場と比べて30%ほど電力が追加的に必要とされる地下の軍需工場の運営などが、北朝鮮の電力難をより深刻な状態に追い込んでいる。

現在、北朝鮮で製造業の稼働率が低調な主な要因も、電力不足であるためだ。しかし、北朝鮮の技術水準や経済条件を考えると、北朝鮮が自ら現況を改善できるのは事実上不可能だ。解決には外国の協力や支援が必要だが、北朝鮮に投資できる国は韓国だけだ。結局、韓国の技術と資本で北朝鮮の老朽化した発電所をリニューアルすれば、本格的な経済協力を始められる。したがって、今後の南北関係が改善され、経済協力が推進されれば、発電所の問題が優先的課題となる可能性が高い。
https://toyokeizai.net/

記事では、送電線網が不備で損失率も高い北朝鮮にとっては、大型発電所の建設よりは電気の生産から消費までの過程を最短化し、電力損失率を低める小型の再生エネルギー開発がより適切だとの見方が強い。韓国にしても、原子力発電所の提供よりも政治的な負担が少なく、民生用中心の供給が可能になるという利点がある。専門家らは現在の南北関係を考えると、人道的な面からも優先的に家庭用の太陽光パネルを供給する事業を推進できると見ているとしている。

そうだろうか…。南北統一や朝鮮二制度であれ、北朝鮮における経済発展を考慮すれば、送電線網を含めたインフラは不可欠となる。金正恩はそこまで考慮しているのではないか…。日本へ歩み寄り、日本の投資を模索するだろう。日朝会談の実現は拉致被害者問題のみならず、戦争責任やODAを含めた、厄介な取引が待ち構えているのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月10日 08:48 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp