韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタがカナダ工場をSUV生産に特化させるワケ

トヨタがカナダ工場をSUV生産に特化させるワケ

トヨタ自動車がカナダ工場に14億カナダドル(約1200億円)を投じ、2018年末に全面改良して米国で発売するスポーツ多目的車(SUV)「RAV4」の増産体制を整える。新設計思想「TNGA」の適用に伴って生産設備を刷新するのに合わせ、カナダ工場はSUVの生産に特化する。原油安などの影響で米国市場は乗用車からSUVや小型トラックに需要がシフトしているため、売れ筋のSUVの供給力を確保する。

米国でRAV4の販売は絶好調だ。モデル末期にさしかかっているが、17年は米国で過去最高の約41万台を販売し、米国で最も売れたSUVとなった。さらに、乗用車セグメントで16年連続で販売台数トップを誇る中型セダン「カムリ」を抜き、米国で最も販売台数が多いトヨタ車にもなった。 トヨタはカナダのオンタリオ州に2工場を構え、RAV4と小型車「カローラ」、高級車ブランド「レクサス」のSUV「RX」を生産している。

17年の生産実績は約57万台。すでに現行のRAV4を生産しているウッドストック市の工場で今秋からガソリン車の生産を始める。ケンブリッジ市の工場でも19年初めをめどに生産する。ハイブリッド車(HV)の生産開始は19年からという。


ケンブリッジ市の工場が担うカローラ生産が米国に移管されるため、カナダ工場はSUVに集中して生産効率を高める。新規雇用450人も計画し増産に備える。SUVなどへの市場のシフトで車種の供給力が重要となる中、急いで体制を整える。
http://news.livedoor.com/

トヨタは世界中の工場で、設計や部品の共通化で効率や質を高める新手法「TNGA」への切り替えを進めている。今回はRAV4を年間25万台生産するウッドストック工場(オンタリオ州)、「カローラ」やレクサスのSUVを生産するケンブリッジ工場(同州)を刷新する。RAV4は17年に北米で46万台を販売し、米国では車種別で最も売れた。ハイブリッド車(HV)を含む新型モデルは18年末ごろに米国で発売する予定で、日本とカナダで生産する。ケンブリッジ工場のカローラ生産はすでに米国への移管を決めており、19年からカナダの2工場でRAV4を製造する。カナダはSUVに特化し、生産効率を高める。

トヨタは19年にメキシコ中部で新工場を立ち上げ、21年には米アラバマ州でマツダとの共同工場を稼働する計画だ。北米の生産能力が増えるとともにカナダはSUV、メキシコはピックアップトラックと役割分担を明確にしつつある。カローラは米国の既存のミシシッピ工場と新工場で生産する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月12日 15:53 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp