韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「G7シンキュ、怪物のような携帯電話」 海外メディアの好評相次ぐ

「G7シンキュ、怪物のような携帯電話」 海外メディアの好評相次ぐ

LG電子が今月披露したプレミアムスマートフォン「G7 ThinQ(シンキュ)」が海外メディアから好評を得ている。

米情報技術(IT)専門メディア「フォンアリーナ」は、G7シンキュのカメラについて「前作に比べて画素、絞りなどが一ランクアップグレードされたし、広角歪みまで減った」とし、「前背面カメラでボケ機能まで備えたモンスターのようなカメラ付き携帯電話だ」と絶賛した。米IT専門メディア「エンガジェット」も、「超広角カメラはグランドキャニオンの壮大さまで取り込むことができる」と評した。

ディスプレイ機能も良い評価を受けている。米経済専門誌「フォーブス」は、「驚くべき明るさで強烈な日差しの下でも鮮明に見ることができるので有用だ」とコメントした。G7シンキュは、明るさを最大限高めたときは、既存のスマートフォンに比べて約2倍も明るい「スーパーブライトディスプレイ」を適用した。「デジタルトレンド」は「色、ディテール、温度の面で前作とは比較にならないほどだ」と評した。

今月11日からG7シンキュとG7シンキュプラスの予約販売を開始したLG電子は、18日から国内で先に製品を発売する。これまで使っていたスマートフォンがプレミアム製品であれば、G7シンキュ購入時は最高レベルで中古価格を補償する「LGお客様安心補償プログラム」も開始した。
http://japanese.donga.com/


G7シンキュの特徴は、AI性能が強化されたことだ。カメラや音声認識など、ユーザーが多く使うスマートフォンの機能でAI性能をアップグレードし、他の機器との連動機能まで強化される。LG電子の関係者は、「家電ごとにアプリケーション(アプリ)をダウンロードして登録する不便な過程が省略され、アプリひとつでLG電子の家電を一度で制御できる機能が入る予定だ」と説明した。G7シンキュには、LG電子のスマートフォンの中では初めてノッチデザインが適用される見通しだ。

ノッチデザインとは、スマートフォンの前面センサー、カメラ、スピーカーなどを除いたすべての部分をディスプレイに処理して、ベゼル(枠)を最小化したデザインのこと。アップルがアイフォーンX(テン)に初めて適用して注目を集めた。ディスプレイは6.1インチのサイズで、液晶表示装置(LCD)が搭載されるという。アプリケーションプロセッサ(AP)は、クアルコムのスナップドラゴン845チップセットが搭載される。

一方で、2017年9月28日、韓国・ニュース1によると、韓国で発売が始まったLG電子の戦略プレミアムスマートフォン「V30」に海外メディアから高評価が寄せられており、北米や欧州などでも期待が高まったといていた。今回のAIスマホ「G7シンキュ」は、「スマートフォンと家電で培ってきたAI技術を集約して、これまで目にできなかった便利さを披露したい」というが…。LGの有機パネルは好調だが、スマホも厳しい状況だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月14日 08:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp