韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の景気下降する…OECDが警告

韓国の景気下降する…OECDが警告

今後韓国の景気が下降するという経済協力開発機構(OECD)の警告が出された。 13日のOECDによると、2月の韓国の景気先行指数は99.8を記録した。景気先行指数は1月にも99.8を記録し、2カ月連続で100を下回った。韓国の景気先行指数が100を下回ったのは2014年9月の99.8から約40カ月ぶりだ。

OECDの景気先行指数は6~9カ月後の景気の流れを予測する指標だ。OECDは韓国銀行と統計庁の製造業在庫循環指標、長短期金利差、輸出入物価比率、製造業景気見通し指数、資本財在庫指数、KOSPIの6個の指数を活用してこの指数を算出する。通常100を基準値とし、それ以上なら景気拡張、それ以下ならば景気下降と解釈される。

韓国の景気先行指数は昨年3~5月に100.9でピークに達した後、下がり続けている。これに対しOECD加盟国の平均景気先行指数は2016年7月に99.5で底を打ち着実に上昇している。昨年4月には100.0を超え、最近まで100.1~100.2で推移しながら安定している。主要7カ国(G7)の平均景気先行指数も2016年7月に99.3で底を打ってから一度も下がることなく2月には100.1まで上がった。
http://japanese.joins.com/


経済協力開発機構(OECD)がこのほど発表した景気先行指数(CLI)によると、韓国は今年1月と2月、2カ月連続で基準値の100を下回った。基準値を下回ったのは2014年9月(99.8)以来で、韓国経済の先行きが懸念される。同指数は、国内製造業の動向や超短期金利の差、輸出入物価、株価指数などを基に、6~9月後の景気動向を占う。指数が基準値100を上回ると景気拡大を、基準値を下回ると景気後退を意味する。

韓国は昨年3~5月に100.9とピークを記録したが、徐々に下降。今年1月に99.84となり2月はさらに悪化の99.76だった。基準値(100)を下回ったことも懸念材料だが、昨年6月から9カ月連続の下落は景気後退をはっきりと予告するものと言えそうだ。 ほかの国が上昇傾向にある中での下落という点も気がかりだ。OECDの平均は16年7月(99.5)に底打ちし、昨年4月に100を回復。最近も100.1~100.2で推移している。日米を含む主要7カ国(G7)の平均も今年2月は100.1だった。

IMFは、急速な高齢化とサービス部門の低い生産性、さらに労働・生産市場歪曲など構造的問題--を潜在成長率下落の原因に挙げた。これと共に社会保障制度の拡大、生産性向上と労働市場参加拡大のための構造改革が急がれると勧告している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月14日 09:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp